「赤たん」のたこ焼きを
アテに、まずは一杯

福岡での1軒目は梶原さんが「日本一」と評する立ち飲み屋からスタート。蔵元の信頼厚い店主が集める焼酎は、ほかではお目にかかれないレアなものばかり。「焼酎を飲むことに関して、これ以上の店を知りません。熱々の『たこ焼き』との組み合わせは最高ですね」。



住所:福岡市中央区大名1-13-12 ことうビル1階 TEL:092-738-3253

「とりかわ 粋恭(すいきょう)」で
本場のとりかわを食う

名物の「とりかわ」¥150(1本)は、鶏の皮を串に巻きつけ、タレにつけては焼き、つけては焼きを繰り返して完成する。「余分な脂を落とすことで、外はサクサク、中はフワフワ。一般的な鶏皮とはまったく別モノです。ビールとの相性は抜群で、何本でもいけちゃいます(笑)」。



住所:福岡市中央区薬院1-11-15 TEL:092-731-1766

「タンテール富士」の
テール塩焼はマスト!

ここに来たら、何はさておき「テール塩焼」¥1,700(大)を頼むべし。「表面はカリッと炙られ、肉は柔らかく旨味濃厚で、箸でつまむとほろほろと骨から剝がれます。メニューはどれもおいしくて、中でも『サガリ焼』¥1,500と『やきめし』¥700はぜひ頼んでほしい逸品です」。



住所:福岡市中央区赤坂3-13-33 TEL:092-752-0073

福岡はしご酒・梶原由景おすすめの6軒【後編】に続く!

YOSHIKAGE KAJIWARA

「LOWERCASE」代表・クリエイティブディレクター。食へのあくなき探究心が爆発し、現在はJ:COMチャンネルで放映中の「どやメシ紀行」の企画・プロデュースも手がける。


Movie Edit:Hiroki Honma
Photos:Go Tanabe 
Text:Masayuki Sawada