銀座のランドマークのひとつとして1966年から約50年にわたり街を見守ったソニービルが“公園”に生まれ変わってニューオープン。かつてのソニービルの構造を活かした、地上1階・地下4階からなる垂直立体型の公園「Ginza Sony Park」として2020年秋まで期間限定開園される。

数寄屋橋交差点に面した地上パークはオープンエアの空間にウッドデッキが敷かれ、プラントハンター・西畠清順さんが世界中から集めたグリーンが生い茂るまさに都会のオアシスだ。さらに夏の間はここに「トラヤカフェ・あんスタンド」のかき氷のポップアップストアが季節限定でオープン。一風変わった“できたて”のかき氷(¥500~800)を楽しめる。

“できたて”というのも、このほど「Ginza Sony Park」地下3階に製造所を兼ね備えた「トラヤカフェ・あんスタンド 銀座店」が登場。小豆、砂糖、寒天のみのシンプルな原材料だけで作られる限定のミニサイズ「あんペースト(シンプル)」(¥400)をその場で製造し、その場で販売する。

地上パークのポップアップストアではこの限定あんペーストと、同じくショップ併設の製造所で作られたシロップを使った銀座生まれのかき氷が楽しめるのだ。メニューはテッパンのいちご(9/1からは抹茶に変更)、練乳の他にラム酒やレモンリキュールを使用した大人なフレーバーも。まさかラム酒と黒蜜、あんこがこんなに合うなんて…! かき氷は9月下旬まで販売中なので、驚きのマリアージュをぜひ一度ご賞味あれ。


トラヤカフェ・あんスタンド 銀座店
住所:東京都中央区銀座5-3-1 Ginza Sony Park B3F
営業期間:2018年8月9日~2020年秋
休業日:B3F 水曜、元旦/ポップアップストア(夏・冬のみ営業) 元旦
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/shops/ginza/

SHARE