肉じゃがに着想を得た
唯一無二の揚げ物

西麻布 ラ・ボンバンスの「29ジャガ」

肉をじゃがいもで包んで揚げて、最後にカレー塩でアクセント。メニューは月替わりのコースのみ¥11,000。4月2日〜5月5日提供。



2008年から11年連続で星を獲得し続ける「ラ・ボンバンス」。数々の名店で修業を積み、食べる人に驚きと感動を与える岡元信シェフは、独創的な料理の作り手として名を馳せている。「29ジャガ」はメンチにした牛肉とじゃがいもを使った揚げ物。「家庭料理でお馴染みの肉じゃががこんな独創的な一品になるとは。オイルショック!」と驚きを隠せないジョニ男氏。遊び心の中に感動が詰まった「BOMBANCE(ご馳走)」の名にふさわしい一皿だ。





住所:東京都港区西麻布2-26-21 地下1階
TEL:03-5778-6511
営業時間:18:00-22:00(L.O.)
休み:日曜、祝日 ※サービス料10%

庶民的な鰯が職人の技で
茶色の宝石に

新宿 新宿割烹 中嶋の「鰯フライ定食」

ご飯とお椀、香の物がついた「鰯フライ定食」¥800(ランチタイムのみ提供)。値段は30年前から変わらない。



昼食の定番といえば揚げ物だが、「割烹 中嶋」はミシュラン掲載店(一ツ星以上)の中では最安値となる800円の「鰯フライ定食」を提供する。「鰯は身体にもいいし、これは理想の定食です」とジョニ男氏。フライに使う鰯は塩胡椒してから、カラッと揚げる。季節によって脂ののりが違うため、揚げ色には細心の注意を払う。“揚げ方”に選ばれるのは料理人の名誉だ。「鰯フライもこんなに繊細な味わいになるんですな」。

「穴子のベニエ」は夜のコース料理¥8,640〜の中の人気メニュー



住所:東京都新宿区新宿3-32-5 地下1階
TEL:03-3356-4534
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜21:30
休み:日曜、祝日 ※税込み

岩井ジョニ男
幼少期よりお笑い芸人を志す。さまざまなアルバイトを経験して、25歳でタモリに弟子入り。長い下積み時代を経て、イワイガワを結成。昭和レトロなサラリーマンキャラでブレイク中。

Photos:Tetsuya Toyoda
Text:kinmasataka[panda-sha]
Movie:Shinichiro Kose

発売中のUOMO5月号では、大人になってもやめられない、とまらない。最強の「揚げ物」をご紹介。揚げ物7大ニュース、名店ひしめく“とんかつ路線”など、トレンドから定番メニューまで食べすぎ注意の揚げ物を揃えました!
5月号の試し読みはこちら>>