nanamica×EDIFICE|ナナミカ×エディフィス

着用するシーンを選ばない“ニュートラル”をコンセプトに掲げるナナミカのコートは、仕事着にも適役。トラッドなデザインにゴアテックスの機能素材を当て込んでいるので、アウトドアなムードは一切ない。今作はエディフィスからのアイデアで、ヴィンテージのバルマカンコートをベースにしたゆとりのあるシルエットに仕立てた。クラシックなシングルラグランスリーブは自然に肩が落ちて、中にジャケットを着てももたつかない。コート¥107,800/ナナミカ×エディフィス(エディフィス 新宿)


Barbour for Adam et Rope’|バブアー フォー アダム エ ロペ

バブアーというと「ビデイル」や「ビューフォート」といったフィールドジャケットが有名だけど、こちらは隠れた名作「ディスパッチ ライダース コート」をアダム エ ロペが現代的かつ使いやすくアレンジ。素材は定番のワックスドコットンではなくポリエステルコットンを使い、シワになりにくくマットな質感を堪能でき、もちろん撥水性も備える。これを纏えば、英国紳士のようなジェントルな雰囲気を演出できる。コート¥55,000/バブアー フォー アダム エ ロペ(アダム エ ロペ)



BUNNEY|バニー

イギリス発のコンテンポラリージュエリーブランド・バニーから、これまでにないラグジュアリーなトレンチコートがお目見え。ゴアテックスのテキスタイルを使って、オーバーサイジングで仕上げられている。細部にはシルバー925のパーツをあしらい、ジュエリーブランドらしい個性も感じさせる。フードは取りはずし可能で、春先までロングシーズン着られるのもうれしい。コート¥295,000/バニー(スープリームス インコーポレーテッド)


Goldwin×KAPTAIN SUNSHINE|ゴールドウイン×キャプテン サンシャイン

ゴアテックスの中でも特に耐久性や透湿性に優れ、さらには超軽量のゴアテックス プロ ナイロンを使用したシェルパーカ。ミリタリーのモンスターパーカから着想を得た迫力のあるデザインで、がばっと羽織れる大ぶりなシルエットが魅力。スタンドネックに内蔵されているフードを出してかぶれば、急な雨風もしのげる。ビジネスでも、野外でのアクティビティも、攻守兼任で使える一着だ。コート¥85,000/キャプテン サンシャイン×ゴールドウイン(キャプテン サンシャイン)


MACKINTOSH|マッキントッシュ

カジュアルでスポーティなコーチジャケットも、マッキントッシュの手にかかるとグッと大人っぽく上品に。ウールのトラウザーズともよく似合う。素材は透湿防水性のあるナイロンと上質ウールのコンビネーションで、止水ファスナーを使用しているので雨の日にも安心して着用できる。裏側にはブランドロゴ入りのシームテープを貼り防水性もアップ。ジャケット¥78,000/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)


アダム エ ロペ(ジュンカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
エディフィス 新宿 TEL:03-5366-5481
キャプテン サンシャイン TEL:03-6277-2193
スープリームス インコーポレーテッド TEL:03-3583-3151
マッキントッシュ青山店 TEL:03-6418-5711

Photos:Naoki Seo
Stylist:Takanori Akiyama
Composition & Text:Masato Nachi