holk×Bshopのシャツ

「こう見えてハイスペックなんです」

楊井一博(UOMO編集部)
ビッグシルエットでスタンドカラーっていう今っぽいバランスももちろんですが、決め手はその素材。制電素材を織り込んだポリエステルを使用していて、静電気の発生や花粉の付着を防ぐとのこと。どちらかというとほっこりしたルックスなのに機能的。その意外性にやられました。¥23,000/ホーク×ビショップ(ビショップ)



FIVE THIRTY PARKのネックレス

「この品のよさって、なかなかないんですよ」

杉山耕平さん(トゥモローランド PR)
メンズがさらっとつけられるネックレスって意外とないのですが、これは贅沢なホワイトゴールドとイエローゴールドのコンビネーションが秀逸。洗練されたデザインでボリュームもちょうどいい。自然に取り入れられそうで、長く愛用できそうです。¥73,000/ファイブサーティーパーク(ファイブサーティーパーク ウェブストア)



PADMORE &BARNES×BEAMS LIGHTSのシューズ

「ファッションに必死だった’90年代を思い出しながら」

土井地 博さんさん(ビームス コミュニケーションディレクター)
自分がファッションに対していちばん夢中だった頃に履いていたパドモアは青春そのもの。これからもずっと愛用し続けていきたいアイテムです。これは大人っぽいブラウンのワントーンにアレンジされていて“’90年代そのまま”にならないのがいいんですよね。¥32,800/パドモア&バーンズ×ビームス ライツ(ビームス ライツ 渋谷)



COMOLIのモールスキンパンツ

「こんな5ポケットパンツを探していた」

今泉 悠さん(ayame デザイナー)
随分前から探し続けていたものの、なかなかこれといったものに出会えていなかった冬用の暖かい黒のパンツ。ようやくコモリで見つけました。ゆったりとした腰まわりは冬もトランクス派の僕にぴったり。男らしさのある生地感も自分好み。丈夫だし、毎日ヘビロテするのにうってつけですね。¥32,000/コモリ(ワグ インク)




The CLASIKのセットアップ

「僕が今いちばん注目しているブランドです」

豊島 猛さん(スタイリスト)
今季はいろいろなタイプのセットアップがリリースされていますが、ウールの布帛生地のプルオーバーのセットアップっていうのはこれが唯一なんじゃないかな。しかも生地は英国の老舗であるフォックスブラザーズのフランネル。このセットでかなりスタイリングの幅が広がりそう。トップス¥43,000・パンツ¥45,000/ザ・クラシック



Los Angeles ApparelのTシャツとロンT

「ネックの具合と、素材感と、コスパと」

西又潤一さん(スタイリスト)
ネックの詰まり具合が好きで、夏になるとよく着るプロクラブのTシャツ。ただ生地感がちょっとがっしりしすぎていると感じるときもあるんですよね。その点これは好みのネックでありながら柔らかさもあってちょうどいい。コスパの高さも魅力的です。Tシャツ¥2,000・ロンT¥3,000/ロサンゼルスアパレル(ダメージドーン セカンド)



COMESANDGOESのキャップ

「新しい生活様式の必需品かも」

山崎貴之(UOMO編集長)
マスクを着用する毎日ですが、個人的には顔がまっ白い布で覆われる、その唐突さが気になる。最近気づいたのが帽子が役に立つということ。頭部全体を何かしらの布地でくるんだほうが服装にすんなりハマるんです。これはツバが長めにデザインされていて、面長な自分にちょうどいい。¥12,500/カムズアンドゴーズ(alpha PR)



thのエコレザーシャツ

「エコレザーはもう立派な選択肢の一つ」

小澤匡行さん(エディター)
なかなか挑戦できていなかったレザーアウターですが、エコレザーなら苦手な骨太さやツヤっぽさがなくていけることが判明。本物のレザーとは違う光沢感も逆にファッションっぽいし、本物の革じゃないっていう気後れ感ももう時代的にない。抜け感のあるビッグシルエットもいい。¥58,000/ティーエイチ(エムエイティティ)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yuichi Sugita
Stylist:Yoshiki Araki[The VOICE]
Composition&Text:Jun Namekata[The VOICE]