EVERYDAY CASHMERE

24時間いつだってカシミヤを着ていたい


いつものグレーパーカがカシミヤである幸せといったら

見た目も着心地もいちばん優しいカシミヤ。クルーネックやタートルネックニットは、大人であればもう持っているはずなので、部屋でも外でも気楽に寛げるアイテムを買い足したい。2019年にデビューしたユニセックスのカシミヤ専業ブランド「ボーディ」のビッグサイズのカシミヤパーカは、内モンゴル産のホワイトカシミヤを使用。保温性や肌触り、発色が別格だ。いつもの服を最上級素材にアップデートすることがニューノーマルかもしれない。

ニットパーカ¥140,000/ボーディ(alpha PR) ジーンズ¥12,273/コス(コス 銀座店) メガネ/私物


なんてことないネルシャツが実はカシミヤなんて

デザインはオーソドックスでも素材が最上なものを選ぶのが大人だとしたら、ロンハーマンのカシミヤのネルシャツはまさに模範解答。今っぽいルーズシルエットで懐かしいオンブレチェック、着心地はふわふわなんて…冬が来たらインナー使いも楽しみだ。合わせる服は潔く白一色で。

シャツ¥160,000/ロンハーマン Tシャツ¥6,000/LE(レショップ) パンツ¥46,000/ナイスネス(イーライト) メガネ¥31,000/アーチ・オプティカル(コンティニュエ) シューズ¥37,000/ペッツォール(グラストンベリー ショールーム) エコカップ/私物


通信速度は5Gの時代カシミヤニットも5G!?

最近はいい感じに落ち感のあるあぜ編みのニットを見つけるのが難しくなった。ゲージ(G)が小さくなるほど糸の太さが太くなり表面のラインがはっきり出るが、繊細で糸の細いカシミヤとなると大体7Gが限度。でもこれは極太リブの5G! 見た目はミリタリーっぽくて男らしいのに、着る人にやさしいかわいげのあるやつだ。

ニット¥40,000/エイチ ビューティ&ユース スウェットパンツ¥20,000/クレプスキュール × シップス(シップス 渋谷店) ブーツ¥23,000/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン) ソックス/私物 その他は上と同じ


カシミヤブルゾンがあればコートはもういらないか

働く男のユニフォーム的イメージのドライバーズニットがカシミヤになるとこんなにも穏やかな印象。しかもまっさらな白であれば清潔感も抜群だ。そしてイタリアの老舗ヘルノが作るニットアウターと聞けば防寒性も安心できる。ちゃんとナイロンの裏地がついているので、この冬はカシミヤニットがアウター代わりでいける気がする。

ニットブルゾン¥238,000/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン) パンツ¥32,000/ウティ シューズ¥31,800/パドモア&バーンズ フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) メガネ¥31,000/アーチ・オプティカル(コンティニュエ)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Masahiro Sambe Yoshio Kato
Hair&Make-up:Rumi Hirose Narumi Tsukuba
Stylist:Junichi Nishimata
Models:Seima Matsuzaka Toshinori Shiki Taku Obata Shinshin