夏のトレンドだった白T×白パンツのコーデに羽織るなら、こんな繊細な色使いのネルシャツがいい。なんと素材はカシミア、オンブレチェック&今っぽいルーズシルエットで着心地はふわふわなんて…最高だ!

シャツ¥160,000/ロンハーマン Tシャツ¥6,000/LE(レショップ) パンツ¥46,000/ナイスネス(イーライト) メガネ¥31,000/アーチ・オプティカル(コンティニュエ) シューズ¥37,000/ペッツォール(グラストンベリー ショールーム) エコカップ/私物


手ぶら派の大人が夏までの白Tスタイルにプラスワンするなら、収納量たっぷりなポケットを備えたワークジャケットがいい。まっさらなコットンキャンバスの一枚はノッチドラペルの3つボタン。Tシャツ×ジーンズに白衣のようにはおり、クリーンな着こなしを意識。

ジャケット¥59,000/ナイスネス(イーライト) Tシャツ¥6,000/LE(レショップ) ジーンズ¥28,000/リーバイス ビンテージクロージング(リーバイ・ストラウス ジャパ ン) キャップ¥4,900/カンゴール(カンゴール ヘッドウェア) ハンカチ/私物


まるで長年着込んだかと思わせる上質なラムレザーで、昔の映画に出てきそうな渋い佇まいを持つジャケットをさらりと羽織って。ライダースのようなジップではなくボタンならレザーの重厚さをやわらげてくれるので、室内で着ていても違和感のない洒脱な雰囲気。

レザージャケット¥54,000/スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) Tシャツ¥18,000/ユーゲン(イデアス) ジーンズ¥78,000/クリスタセヤ(ビオトープ)


9月はまだ素材で季節感を出すには暑いので、柄で秋を感じさせたい。あまり見かけないツリーカモフラージュ柄は、ミリタリーというよりハンティング服に使われる。ノスタルジックな落ち葉を連想させる秋っぽいムードに、薄手のベロアというのも渋い!

ジャケット¥17,800/エリック ハンター(メイデン・カンパニー) Tシャツ¥6,000/LE(レショップ) パンツ¥40,000/ベルナール ザンス(シップス 渋谷店) 


夏着ていた白Tと、トレンドのセットアップを組み合わせるというのも今年らしい夏から秋へのスイッチング術だ。細番手のウール×リネンを高密度で織り上げたツイル素材のセットアップは、繊細なブルーグレー。これくらい淡い色合いが、初秋に映える。

シャツ¥38,000・パンツ¥42,000/オーラリー カットソー¥19,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル) スニーカー¥8,500/ナイキ スポーツウェア(NIKE カスタマーサービス)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kenta Sawada Masahiro Sambe Yuka Uesawa
Hair&Make-up:Rumi Hirose Narumi Tsukuba
Stylist:Shuhei Yoshida Junichi Nishimata Masanori Takahashi
Models:Masahiro Iwaoka Toshinori Shiki Taku Obata Shinshin