白のワークベストで品よく味足し!

(右)ワークテイストでかつリラックスシルエットながら大人然とした清潔感を加えてくれる白のコットンベスト。これならビッグTの装いもただユルいふうには見えない。

ベスト¥39,000/ポリプロイド(ライコス) Tシャツ¥14,000/グラフペーパー パンツ¥18,000/ダイワ(グローブライド) 帽子¥25,000/ホームレス テーラー(オーバーリバー) ネックレス¥90,000/バニー(スープリームス インコーポレーテッド)




Tシャツと同系色のシャツジャケをはおる

(左)開襟シャツ感覚で着られるシャツ地の七分袖ジャケットは、短めの着丈も夏らしい軽やかさがあっていい。同系色のTシャツにさらりとはおるだけで着こなしに奥行きが出て、こなれ感あり。

ジャケット¥30,000/サルヴァトーレ ピッコロ(1LDK) Tシャツ¥14,000/エムエフペン(1LDK apartments.) パンツ¥28,000/オー(オーバーリバー) ヴィンテージの時計¥205,000/コンティニュエ エクストラ スペース


リネンの白シャツを+白Tで都会的に着る

(右)リラックス感と今っぽさを兼ね備えたオーバーサイズのプルオーバーリネンシャツ。リゾートのイメージが強いアイテムだけれど、白Tの上に重ねてスポーティに装えばグッと街着らしく。

シャツ¥56,000/コモリ(ワグ インク) Tシャツ¥15,000/サンスペル(サンスペル 表参道店) パンツ¥33,000/タクタク(スタジオ ファブワーク) ヴィンテージの時計¥250,000/コンティニュエ エクストラ スペース




時にはシャツ地のセットアップも新鮮

(左)トップス選びがごく狭いレンジに限られる夏こそセットアップが有効で、さらにこんなチェックのシャツ地の上下なら涼しげでモダン。パジャマっぽく見えないようキャップなどで“外出感”を演出したい。

シャツ¥38,000・パンツ¥40,000/エスケーマノアヒル(メイデンズショップ) Tシャツ¥12,000/サンスペル(サンスペル 表参道店) キャップ¥1,540/ニューハッタン(ジャヌー・ツー) 時計/モデル私物


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Shinichiro Shiraishi 
Hair&Make-up:Kenichi Yaguchi
Stylist:Naoki Ikeda 
Models:Jeremy Scott 
Composition&Text:Kai Tokuhara