白をキーカラーに、スケーターコーディネート

茨城村木達也さん(39歳/会社員)
「スケーターブランドを使わずにスケーターの雰囲気を出したかった」という村木さん。ニートのペイントショーツに白ソックスを合わせ、足元からスケーターテイストを表現。ヤシキのカーディガンをさらっとはおったアイデアもいい。


タックインでだらしなく見せない!

愛媛水口雄喜さん(33歳/会社員)
グラフペーパーのビッグTにセージ色のニートのパンツを合わせた水口さん。「夏は軽装なので、バランスに気をつけるようにしています」。オーバーサイズ同士の合わせだが、タックインすることでメリハリのあるシルエットに仕上げた。


大人はオーバーサイズに逃げない!

埼玉大鷲陽一さん(38歳/農家)
「今年はネイビーが気になっていて、トーンや素材の違うネイビーでまとめてみました」。ステューシーのロンTとアンスラックスのショーツはあえてジャストサイズを組み合わせて、トレンドに左右されない着こなしを完成させた。


色はいらない! 黒は素材で差をつける

岐阜西脇洋太さん(25歳/ショップスタッフ)
ヘリルのポロシャツにアンユーズドのスラックスでクールな黒のワントーンコーディネートに。「ただ黒でまとめると単調なので、ポロシャツはシルク100%で上品に、足元はスポーティなサンダルで程よく抜け感を出しました」。


エキゾチックな異国情緒あふれるコーディネート

東京ニコラ・ユタナン・シャルモさん(24歳/デザイナー・フォトグラファー)
「これまでショーツをはいてこなかったので、今年がショーツデビュー」というユタナンさん。クールマックスを使用したSillageのショーツと柄シャツは落ち着いた色味で合わせてタックイン。ガーナのストローハットで異国感を。