T-shirt : Hanes BEEFY-T

Pants : COMOLI

Bracelet : LOEWE

Sneaker: NIKE×OFF-WHITEc/o VIRGIL ABLOHTM TM
Bag : PATAGONIA

小澤匡行さん/エディター



全然変わってないように見えて、ちゃんと変わってるんですよ

こうしてみると僕の服装って「映え」がない。常に同じようなアイテムを着ているように見えますね…ただその中でも時代感や気分を自分なりに取り入れているつもり。ブランドはアップデートしながら、その折々でネイビーのスタイルを楽しんでいるというか。この5年でもっと進化している気がしていたけど、思ったほど変わってなかった(笑)。昔から一貫しているのは「無地で動きやすく貧相に見えない」こと。30代ならネイビーのTシャツに短パンのヘルシーさでも成立するけど、40代はもたない。体型に左右される年になったということかも。個人的に一昨年、昨年の自分は身体が弛んでいて嫌です(笑)。最近はスタイリングのどこかに「ポイント」をつくるように。ある程度スニーカーもトレンドと割り切りアクセサリー感覚でとらえるようになれた部分もありますが、いやらしく見えないバランスを考えるのが楽しいです。


2019年9月号

Shirt: STUDIONICHOLSON
Pants : JIL SANDER



スタジオニコルソンの開襟シャツにジルサンダーのショーツ。’90sを意識した装いです。毎年似た服装でも時代や年齢に合わせて選ぶブランドなど意識的に変化させている。ジル サンダーはデザイナーの経歴も含めて好きだし、今の自分に合っている。


2018年10月号

Cardigan : JOHN SMEDLEY
Pants : Comme des Garçons
Sneaker : PUMA



この頃はメンズ色が強くない中性的な服を着たいと思っていた時期。世間でもペールトーンが流行り始めて、ネイビーやブラックじゃない選択を模索していた頃。足元に色を取り入れ始めたのもこの頃からかな?


2017年10月号

T-shirt : Icebreaker
Pants : NUMBER M
Sneaker : SPALWART



たしか「9月のTシャツ」ってお題に対してこのチョイスだったのですが…今見るとあまりいけてない(笑)。 世の中もUOMOもストリートの風潮が強まっており、安易にそこには落ち着きたくないなと思い、ミニマム にまとめるように意識していました。


2017年2月号

Jacket : Belvest
Pants : COMOLI

Sneaker : adidas STAN SMITH



今日のパンツはこのときと同じコモリの素材違い。「(今季の新作で全身固めるのではなく)前年のスタイルをベースに、部分的にアップデートされた装いが大事」と当時コメントしてますが、現在も同意。自分の軸があったうえで、時代の変化を楽しむということを大事にしています。


2015年9月号

T-shirt : TOMORROW LAND
Pants : UMIT BENANN

Shoes : TATAMI × 3.1 Phillip Lim



現在の僕のスタイルといちばん近い気がする。「動きやすい無地」。同じ無地でも不健康な人はオシャレに見えない。貧相に見えたりバランスが悪かったり、シンプルなぶんごまかしがきかないと思う。この頃はバーバーで髪を切ってて前髪を上げてた。


苦手なアイテムは?

昔から着たくてもなかなか食指が動かないのはレザー。常々似合う人になりたいとは思っているんですが…。ただ単体のモノとしてはダメであっても、どんな組み合わせだったら自分にとってアリになり得るかは、考えるようにしています。

Photos:Kanta Matsubayashi