DAY-1
午後のミーティングのため「E.TAUTZ」のショップへ

ワーキングスタイルには、基本ジャケットが欠かせないというパトリック。端正な印象のダブルブレストジャケットも、カーキを選べばぐっとリラックスした雰囲気に。ノータイ&ワイドシルエットのチノパンツで程よくドレスダウンしつつも、ニュアンスのあるグレージュ系のシャツでラフになりすぎず絶妙なバランスをキープ。すべてイートウツで靴はトリッカーズ。

DAY-2
オフィスまで自転車通勤が毎日のルーティン

交通渋滞のひどいロンドンでは効率がよく気分転換にもなるからと、自宅からサヴィル・ロウにある「Norton & Sons」まで、愛車Pashleyで通うのがパトリックの日課。シェイプとポケットのデザインにひねりがきいたイートウツのシャツと、同じくイートウツのチノパンツは彼の定番カラーであるネイビーをチョイス。靴はレッドウィングのワークブーツ。

DAY-3
「Norton & Sons」のスタジオでテーラーと打ち合わせ

深いグリーンのツイード素材ジャケットに淡いブルーのシャツ、フランネル素材のグレーパンツはすべてノートン&サンズのビスポーク。トラディショナルなアイテムをシックな配色でまとめ、モダンに仕上げるのがパトリック流。ネイビーのネクタイはイートウツ、靴はジョン ロブ。テーラーとして一緒に働くニックのスリーピース姿もクール。

DAY-4
朝のコーヒーブレイクは忙しさの前の至福のひと時

ゆっくりできる時間を見つけて、落ち着いた雰囲気とフレンドリーな接客が気に入っている「Fischer’s」へ。グレーとブラウンがミックスしたウールフレスコ素材のスーツは、ノートン&サンズ。カルティエの時計にトリッカーズの靴と、合わせる小物もオーソドックスなものを。20年以上前にインドのデリーで買ったネクタイを今も愛用している。

DAY-5
仕事の後は会員制クラブで友人と楽しい会話を

パトリックの友人がオーナーである「Chess Club」は、お酒を飲みながらチェスも楽しめる大人の社交場。イートウツのウールカシミヤのジャケットを主役に、ノートン&サンズのシャツとパンツでコーディネート。ブラウン×ブルーの上品なカラーコントラストが絶妙だ。手元には、1970年代のヴィンテージのロレックスを。靴はバリーのレースアップシューズ。

DAY-6
おいしいワインを求めて友人の老舗ワインストアへ

パトリックが全幅の信頼を置くワインのエキスパート、ジョーディは1698年創業の「Berry Bros. & Rudd」の8代目。週末に立ち寄るときは、コミュニティ・クロージングのネイビーのニットとイートウツのバギーシルエットのパンツに、リントン社のツイードを使用したイートウツのコートをはおり、エレガントかつリラックスした装いに。靴はジョン ロブ。

DAY-7
ギフト選びは逸品揃いの「Pentreath & Hall」で

週末スタイルの定番アイテムであるネイビーのクルーネックニットは、ウールやコットンなど素材違いで15枚以上持っているというパトリック。コミュニティ・クロージングのクルーネックニットに、イートウツのウォータープルーフコートとゆったりシルエットのデニムで完成させた、オフ仕様のネイビーコーディネート。足元はレッドウィングでカジュアルに。


パトリック・グラント Patrick Grant
45歳。「E.TAUTZ」のデザイナー兼ビスポークテーラー「Norton & Sons」のクリエイティブ・ディレクター。アフォーダブルラインの「Hammond & Co.」、定番ラインの「Community Clothing」も手がける。

Photos:Yu Fujiwara[8 and 2]
Coordination&Text:Shiho Amano
Cooperation:Berry Bros. & Rudd Chess Club Fischer’s Pentreath & Hall