アンデコレイテッドのプレーティングコットン ポケットTシャツ

photo

河野貴之さん(アンデコレイテッド デザイナー)
2本の糸を使って表と裏に織り分けるプレーティング天竺のポケットTです。厚手でハリのある素材だからシルエットもしっかり出て、一枚で着てもサマになるのが魅力。初夏から夏はよく白Tを着ますが、肌着感が出ないように厚手でしっかりしたものを選ぶようにしています。オーバーサイズの場合はサイドにスリットがあると重宝します。

photo

ここのところずっとオールブラックなスタイルでしたが、今年は白×白が気分なので、アンデコレイテッドの白いパンツを合わせました。清涼感のある白コーデはバケットハットやスニーカーを黒にして締まったルックスに。


カミエル フォートヘンスのコットンTシャツ

photo
photo
photo
prevnext

三谷崇雄さん(アルファPR プレス)
カミエル フォートヘンスはどのアイテムも、デザイナーの遊び心が投影されているのがとても好き。最近ではシンプルながらバインダーネックの縁にちょっとニュアンスのあるこのTシャツに一目惚れ。自分の好きなサイズ感が決まっているので、これというブランドはリピート購入してストックしておきます。厚みのあるざっくり系が好きだから、とろみ系や薄手のものには食指が動きません。

photo

夏はほぼ毎日、Tシャツにスラックス。以前はワイドが多かったのですが、最近はテーパードの出番が増えました。きょうのグラフペーパーのスラックスは、ここ数年のスタメンでブラックとネイビーを各2本ずつ所有しています。フットストック・オリジナルズのスリッポンスニーカーもスタメンシューズで、同じものをもう一足欲しいな…。


フィルメランジェのプリントTシャツ

photo
photo
prevnext

伊藤 純さん(フェルメランジェ ショップスタッフ)
しばらく無地T時代が続いたので、久しぶりにプリントTが着たくなりました。フロントにワンポイント、バックにもグラフィックがある両面プリントで、90’sのチャンピオンを彷彿させます。ヴィンテージTのようなムラ感のある風合いや着こむほどに味が出る素材も自分好み。辛い食べ物が好物ゆえ、白Tのときは飛ばさないように気を付けています。

photo

アメカジ系のファッションがベースで、フィルメランジェのTシャツは古着と合わせることが多いです。きょうも古着のスラックスに90’sのUSA製コンバース。プリントTはともするとラフになりすぎるので、ボトムはスラックスに。差し色で一色、明るい色を取り入れてクリーンな印象を心がけています。


Text:Hisami Kotakemori