Marvine Pontiakの開襟ビッグシャツ

「今欲しいシャツの要素がすべて詰まっている」
綾 瞳さん / 専門商社

1回目の試着フェスでも第2位に輝いたマーヴィン ポンティアックのビッグシャツが今回も大人気。春夏らしく開襟で両胸に大きなフラップポケットがついたワークな雰囲気。シャツ¥33,000/マーヴィン ポンティアック(オーバーリバー) Tシャツ¥15,000/スタジオ ニコルソン(キーロ) ジーンズ¥24,000/ペンス(ザ ソブリンハウス) メガネ¥39,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)



リヒト / UOMOモデル
大人が着られる品のいいルーズシルエットが秀逸。

高橋正典さん / スタイリスト
ブランド発足当時から何枚か購入してきましたが、また新色が欲しくなってしまいました。これまでと違って開襟だったり、ワークディテールだったり、基本のシルエットを変えずに、わかる人にだけわかるアップデート。物欲をくすぐられっぱなしです。

金田 徹さん / 会社員
ビッグシャツは裾がボワッと広がってしまうものが多いけど、これは脇から裾にかけてすごーくゆるやかに内側にカーブしているのか、腰への収まりがよかったです。素材もとても柔らかいコットンなのでさらさらしていて気持ちがいい。

平野光河さん / 会社員
ダークネイビーのせいか大きいのに主張は控えめで好き。


H BEAUTY&YOUTHのビッグスウェット

「着たらピンクが欲しくなる」
秋山貴紀さん / スタイリスト

ピンクの存在感に負けないエイチらしいオーバーサイズシルエットが好バランス。袖と裾のリブはゆるめ。スウェット¥18,000/エイチ ビューティ&ユース Tシャツ¥12,000/エイトン(エイトン青山) パンツ¥36,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) ヴィンテージの時計¥348,000/江口時計店



磯部 隆さん / 会社員
試着した瞬間、春が待ち遠しくなった。

忽那洋平さん / TEAM UOMO
生地は厚すぎず、中の起毛が適度で気持ちいい。パンツもトップスもビッグサイズならこのくらい明るい色のほうが逆に大人っぽいと思う。


CABaNのコットンカシミヤパーカ

「発色といい、サイズといい、人気の理由がわかった」
稲葉 翔 / UOMO編集部

UOMOで何度も特集してきた、キャバンのアイコンと言っても過言じゃないコットンカシミヤパーカ。初めて試着する人は、その人気の理由がわかったと、さらにファンを増やす結果に。この発色が唯一無二。パーカ¥39,000/キャバン(キャバン 代官山店) ポロシャツ¥14,000/ラコステ(ラコステお客様センター) Tシャツ¥12,000/エイトン(エイトン青山) パンツ¥36,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) ヴィンテージの時計¥348,000/江口時計店



津島大地さん / 通信販売
ニット生地なので袖や裾のリブに余計なたるみができず、すっきりしています。カラバリが豊富と聞きましたが、ここまで発色がいいと僕は断然、赤が着たい。カシミヤ混なので当然、肌触りはいいけど、着ているうちに毛玉ができないか心配…。

朝倉 琢さん / 会社員
フードの立ち上がり具合にビックリした。


C.Eのオーバーサイズカットソー

「スウェットとロンTの中間の厚さで都合がいい」
オクトシヒロさん / スタイリスト

迫力あるグラフィックプリントが代名詞であるC.Eから、洗いのかかった深みのあるネイビーが大人っぽいオーバーサイズカットソーが登場。裾にリブがないので、サイドからはAラインに見えるのが特徴だ。カットソー¥19,000/C.E Tシャツ¥4,000/ダメージドーン セカンド パンツ¥36,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)



小川智宏さん / 会社員・ライター
褪せた色味でC.Eというのが、大人。

今泉 悠さん / ayame デザイナー
どういうわけか、この色を見ると高校時代を思い出す。若々しさがあるのかな? これに洗いのかかったジーンズでも十分かっこいいのだろうけど、今の自分ならあえて白パンに合わせて、ギャップを楽しみたい気分です。身幅だけじゃなく袖も太いので、インナーにオーバーサイズのTシャツを合わせてもよさそうです。


BLAMINKのストライプバンドカラーシャツ

「フォーマルのディテールながら嫌みがない」
森山真司さん / District UNITED ARROWS セールスマスター

上品な素材と大人っぽさを保つレベルのゆとりのあるシルエットで人気。秋冬はコートの支持が高かったが、春夏は爽やかなブルーストライプのバンドカラーシャツが上位に。一見、プルオーバーのようだが、実は下半分も開いているクラシックな仕立てが新鮮。シャツ¥60,000/ブラミンク Tシャツ¥4,000/ダメージドーン セカンド パンツ¥36,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)



柿本陽平さん / ブルーム&ブランチ ディレクター
本来ならドレスシャツ用に使われるブロード生地を、フォーマル風なカジュアルシャツとして提案する姿勢がかっこいいです。気張った感じに見えません。裾は長すぎないので、タックインでもタックアウトでも着られますね。サイズは大きすぎずスマートです。

富樫清司郎さん / 会社員
一枚でおしゃれに見えてしまう強さがある。


Rowing Blazersのラガーシャツ

「配色はポップだけどシルエットがクラシック、は大好物」
泉 敦夫さん / スタイリスト

ノスタルジックなラガーシャツを不規則な配色でアップデートした一枚。シルエットも大きめで今っぽいコーディネートに合う。ラガーシャツ¥27,000/ローイング ブレザーズ(ビショップ) カットソー¥16,000/オーラリー パンツ¥27,000/セラードア・シューズ¥34,000/イル モカシーノ(ともにトゥモローランド) キャップ¥10,500/カムズアンドゴーズ(alpha PR) ヴィンテージの時計¥258,000/江口時計店



片山純一さん / 公務員
袖にリブがないのでゆったり着られる。

霜降高明さん / alpha PR マネージャー
ずっとラガーシャツが気になっていたけど、クラシックすぎるものはどうも…。これは配色はもちろん、ボタンがラバーでなかったりと、気になる点がすべてアップデートされていて欲しくなりました。

鈴木大輔さん / TEAM UOMO
これならラガーマンに見えず“あえて感”が出る!

佐藤リッキーさん / プロジェクトデザイナー
今年はとにかくスポーティなアイテムが気になって仕方がない。ラガーシャツは薄手だと、ちょっとコンサバに見えなくもないが、これは厚手の生地でボックスシルエットがよかった。

西村信之介さん / 会社員
ピンクや赤の配色なのにクール。生地が厚手なのもいいですね。


alpha PR TEL:03-5413-3546
エイチ ビューティ&ユース TEL:03-6438-5230
エイトン青山 TEL:03-6427-6335
江口洋品店・江口時計店 TEL:0422-27-2900
オーバーリバー TEL:03-6434-0921
オーラリー TEL:03-6427-7141
キャバン 代官山店 TEL:03-5489-5101
キーロ TEL:03-3710-9696
ザ ソブリンハウス TEL:03-6212-2150
C.E TEL:03-6712-6688
ダメージドーン セカンド TEL:03-6434-0287
トゥモローランド TEL:0120-983-522
ビショップ TEL:03-5775-3266
ブラミンク TEL:03-5774-9899
ラコステお客様センター TEL:0120-37-0202
リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス(オリバーピープルズ) TEL:0120-990-307

Photos:Masanori Akao[white STOUT] 
Hair:HORI[bNm] 
Stylist:Toshihiro Oku Models:Ben Cedric Colie