5シーズン目となる2020年春夏コレクションの販売がスタートした、〈UNIQLO and JW ANDERSON〉。『British Country Style』 がテーマの今シーズンは 、英国伝統のエッセンスとJW ANDERSONらしいプレイフルなデザインをディティールに宿らせたアイテムが揃う。その中で、審美眼に優れたスタイリストがとくに「買い」と認めるアイテムはどれなのか?「JW アンダーソンらしさはしっかり残しつつ、今季はモード感よりもカジュアルな方向に振れているのでとっつきやすく、大人こそ着たいアイテムが揃う」と語るスタイリスト、片貝俊さんのおすすめは?


片貝俊さんのおすすめアイテム5選

photo
photo
prevnext

#01|ポケッタブルステンカラーコート ¥6,990

「パッと見、撥水加工されたポケッタブルなコートだとは気づかないくらい、きちんとスタンダードなステンカラーコートとして成立している。機能性はありつつ、いい意味で“普通のコート”にみえるものって意外とない。これならカジュアルはもちろん、オンのスーツスタイルなんかにも違和感なく合わせられるんじゃないでしょうか」


photo
photo
prevnext

#02|ポケッタブルプルオーバー ¥3,990

カーキ、イエロー、ブルーの配色に、さらに襟元に赤まで効かせている。ここまでやる?っていうこの色使いは、JWAならではですよね。多色使いなのに、派手すぎず上品にまとまっているのはさすが。自分自身も好みのカラーです。色で攻めている代わりに、形はベーシックなので大人でも安心して着られそうです」


photo

#03|オックスフォードシャツ(長袖) ¥2,990

一見ベーシックだけど、ちょっと長めのバランスに仕上げられた着丈と、フロントのアシンメトリーな切り替えがポイント。こういうちょっとしたことで、着た時の見え方が全然違うんですよね。アンダーソンさん、ありがとうっていう感じです」


photo

#04|ボーダーT(半袖) ¥1,990

「ストリートなニュアンスのトライバルボーダーは男臭さ強めのアイテムですが、色がピンクになるだけでかわいらしさがプラスされて、自分としてはちょうどいいバランスに。ビッグシルエットに大きめの胸ポケットも、今っぽく着こなせるポイントです」


photo

#05|バックパック ¥3,990

自分自身、普段バッグは無地のシンプルなものを選んでしまいがちなんですが、このバックパックは今回のコレクションで他のアイテムでも効果的に使われていた大柄のギンガムチェックがかわいいし、コスパがいいのもあって、採り入れてみたいと思わせてくれたアイテム。」(横31×縦41.3×マチ14cm)


UNIQLO and JW ANDERSONの“コレが買い”

モードな要素をデイリーなスタイリングに落とし込むことを得意とするスタイリスト、オクトシヒロさんの選んだアイテムはこちらから。

カジュアルな着こなしにトレンドのエッセンスを取り込むスタイリングを得意とするスタイリスト、秋山貴紀さんの選んだアイテムはこちらから。



UNIQLO and JW ANDERSON
2020年3月27日(金)より順次発売
※新型肺炎の影響により、一部商品の発売日が遅延する見込みです。
各商品の発売日は、下記スペシャルサイトにてチェックを。

UNIQLO and JW ANDERSON スペシャルサイト
uniqlo.com/jwanderson/jp/