HERMÈS

オクトシヒロさん / スタイリスト
レザーの質感が別格


池上幸平さん / モデル
ネイビーの色味、ジップの繊細さ… すべてのディテールが上品です


豊島 猛さん / スタイリスト
手に収めたときの質感がさすがのエルメス。素晴らしいですね。シンプルな設計でジップのすべりも滑らかなので、機能的にも使いやすい。


柿本陽平さん / ブルーム&ブランチ ディレクター
内側にも表側と同じように上質な革を使用しているのって実は珍しい。財布は黒派だったんですが、この上品さを見たらネイビーが欲しくなりました。


野村優歩さん / ライター
光沢感のあるジップがダークネイビーのボディに映えているのがいいですね。“ファースト・エルメス”として手に入れたいです。


素材:カーフレザー
紙幣:1室
小銭:なし
カード:3枚
その他ポケット:3室
サイズ:縦10.5㎝×横10.5㎝
¥254,000/エルメス(エルメスジャポン)


BOTTEGA VENETA

佐藤リッキーさん / プロジェクトデザイナー
ミニマルながらデザインが強い。すごくいいですね


霜降高明さん / alpha PR マネージャー
イントレチャートは大きいほうが好き。


根本茂行さん / コンティニュエ プレス
高級なイメージのあるイントレチャートですが、これくらい小型なら嫌味なく持てる。カジュアルな僕の服でも馴染ませられそうです。


飯垣祥大さん / スタイリスト
ブランドのアイコニックな編み柄であるイントレチャートが、今、新鮮に感じられます。レザーを編んだことによる適度な厚みと丸みは手に持ったときかわいく、ホッとします。


池田尚輝さん / スタイリスト
ダニエル・リーに代わり…新生ボッテガ・ヴェネタ、いいですよね。幅の広くなったイントレチャートも新鮮だし、普段は大きめの財布を使っていますが、意外と収納力があって機能面も十分です。


素材:ラム&カーフレザー
紙幣:1室
小銭:1室
カード:6枚
その他ポケット:1室
サイズ:縦7㎝×横10㎝×マチ2.5㎝
¥55,000/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)


DIOR

田坂朋彦さん / 一級建築士
ディテールの作り込みが圧巻


杉山耕平さん / TOMORROWLAND PR
宝箱を開けるような驚きと感動がある


熊野宗寛さん / 茶道家
すごく頑丈で持ち歩ける金庫のよう(笑)。そんなメカ感にグッときます。貴重品をまとめて保管したい。


野口聖純さん / TEAM UOMO
リモワとコラボ…そりゃタフに違いない。“財布の頑丈さを極める”という発想が面白いですし、使い方によっては小バッグにもなる。絶対になくさないインパクトが気に入りました。斬新ながらユースフル!


中野健吾 / UOMO編集部
見た目はリモワのトランクのミニ版で「これ財布?」と疑ってかかったが、開けてみて初めて緻密な仕切りに気づき仰天。軽いし、小バッグ派の自分の最終型を目の当たりにした。


素材:アルミニウム&カーフレザー
紙幣:1室
小銭:1室
カード:6枚
その他ポケット:2室
サイズ:縦13㎝×横20㎝×マチ6.5㎝
¥267,000/ディオール(クリスチャン ディオール)


Maison Margiela

松本雄司さん / モデル
収納力がありタフ。機能性の高さがダントツ好み


森山真司さん / District UNITED ARROWS セールスマスター
細部まで気のきいたデザインが素晴らしい


長塚健斗さん / WONK ヴォーカル
今は予定次第でマネークリップと長財布を使い分けています。買い替えるなら、こういう収納力の高さを重視したいです。


柳 雅幸さん / MAIDEN COMPANY プレス
収納がたっぷりあって、何不自由のない設計が自分好み。巷ではキャッシュレスが進んでいますが、あえてクラシックな長財布を持つのがかっこいいんです。


鈴木大輔さん / TEAM UOMO
お財布はガシガシ使いたいのでタフな作りのほうが好きなんです。その点、これは理想的。細かなシボ革は傷がつきにくそうでいい。


素材:カーフレザー
紙幣:2室
小銭:1室
カード:12枚
その他ポケット:4室
サイズ:縦11㎝×横20㎝
¥78,000/メゾン マルジェラ(メゾン マルジェラ トウキョウ)


JIL SANDER

池田尚輝さん / スタイリスト
上質な革、美しいライニング、L字ステッチ…これぞジル サンダー


宮田恵一郎さん / エディター
必要最低限で無駄がない


増井岳人さん / 彫刻家
コンパクトでシンプル。ここまで薄さが追求されていながら小銭入れもしっかりある。これぞ機能美というべき洗練された財布。


金子恵治さん / レショップ コンセプター
上質さはもちろん、やや硬質な革を採用しているんですね。だからコンパクトながら高級感と丈夫さは十分。マットなジップや小銭入れの配置と、細部まで考え抜かれています。


原 太一さん / シェフ
見かけるたびに欲しいと思ってきたジル サンダーの財布ですが、この二つ折りタイプは大本命。この財布に合わせてカードの枚数を絞ったほうがスマートなお金の使い方ができそう。

素材:カーフレザー
紙幣:1室
小銭:1室
カード:3枚
その他ポケット:1室
サイズ:縦9㎝×横11㎝
¥50,000/ジル サンダー(ジルサンダージャパン)


FENDI

工藤 健さん / アダム エ ロペ プレス
温かみのある色がほかにない


鈴木大輔さん / TEAM UOMO
エレガントながらヘビーユースできるシボ革が好み


杉山耕平さん / TOMORROWLAND PR
あえてハンドステッチ調の太いステッチを施したクラフト感が素敵。思い切ったイエローの配色は風水的にも魅力がある。


吉﨑哲一郎 / UOMO編集部
持ったときのジュワッとした質感が気持ちいい。普段はマネークリップと小銭入れの両使いだけど、触るたびに幸せになる財布なら1個でも。


オクトシヒロさん / スタイリスト
ミニサイズブームでも自分はバッグも財布も大きいのが好き。フェンディらしい黄色の使い方や、開口部の大きいジップ使いが大人。


素材:カーフレザー
紙幣:1室
小銭:1室
カード:13枚
その他ポケット:6室
サイズ:縦9㎝×横19㎝×マチ2㎝
¥72,000/フェンディ(フェンディ ジャパン)


LOEWE

今泉 悠さん / ayame デザイナー
ベルトループにつけたら気持ちが上がった


高津戸真吾さん / ÈDIFICE プレス
ポケットから出すなら上品でポップなもの


速水健朗さん / ライター
単純に、モノとしてのデザインがとても面白くて惹かれますね。これだけかわいければ、持ち歩くだけでも気持ちがいいでしょう。


名知正登さん / エディター
見た目にラグジュアリー感の強いアイテムだと気後れしてしまうんですが、これはキッチュな色味がその懸念点を払拭している。もちろん、作りはラグジュアリーなんですけど。


水澗 航さん / STUDIO FABWORK 主宰
ロエべらしい品のよさはそのままに、色味やデザインの遊び心がきいていますね。パンツのベルトループにつけておけば普段のカジュアルスタイルのアクセントになります。


素材:カーフレザー
紙幣:なし
小銭:なし
カード:なし
その他ポケット:6室
サイズ:縦8.5㎝×横11㎝×マチ1.8㎝
¥60,000/ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)


BALENCIAGA

忽那洋平さん / TEAM UOMO
洋服がシンプルなぶん、財布にはこんな遊び心が欲しい


髙橋義明さん / モデル
独特な色柄とコンパクトなサイズ感、とてもいいですね


鶴田悠介さん / UOMO編集部
今まで柄物の財布を使ったことがなかったけれど、小物が派手なのは今の気分。小銭のマチがもう少し広くなるとより使いやすい。


霜降高明さん / alpha PR マネージャー
毎日のランチどきの財布にぴったり! これくらいコンパクトでも名刺が入るサイズの財布が欲しかったんです。ペイズリー柄の程よいポップさも意外と自分には刺さりました。


柳川一心さん / TEAM UOMO
バレンシアガらしいストリートなエッセンスも感じますが、このペイズリー柄はとても上品な仕上がりで欲しくなりました。パンチのある色味とコロンとした見た目がやっぱり素敵!


素材:カーフレザー
紙幣:1室
小銭:1室
カード:3枚
その他ポケット:1室
サイズ:縦7㎝×横9.5㎝×マチ4㎝
¥45,000/バレンシアガ(バレンシアガ クライアントサービス)


エルメスジャポン TEL:03-3569-3300
クリスチャン ディオール TEL:0120-02-1947
ジルサンダージャパン TEL:0120-919-256
フェンディ ジャパン TEL:03-3514-6187
バレンシアガ クライアントサービス TEL:0120-992-136
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン TEL:0120-60-1966
メゾン マルジェラ トウキョウ TEL:03-5725-2414
ロエベ ジャパン クライアントサービス TEL:03-6215-6116

Photos:Naoya Matsumoto 
Stylist:Toshihiro Oku 
Text:Takako Nagai