第1位
HEUGNのバルマカーンコート

「すべてにおいて文句のつけようがない」
麻生圭介 / 会社員

「日本人の持つ“奥深くて、はかり知れない美”を追求」することをコンセプトにし、2019秋冬に立ち上げられたばかりのブランドのスプリングコートがいきなり堂々1位に。シンプルで長く付き合える、そぎ落とされたデザインが、多くの大人から熱烈な支持を受けた。コート¥98,000/ユーゲン(イデアス) スウェット¥38,000/ブラミンク Tシャツ¥13,500/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) パンツ¥18,000/バブアー(バブアー 銀座店) メガネ¥39,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) スニーカー¥54,000/ロア(スティーブン アラン トーキョー)

みんなのレビュー!

中山慶人さん / URBAN RESEARCH プレス
変な主張がいっさいなく“普通”。それがいい!

石川宏樹さん / 会社員
ラグランスリーブだけど着丈も長すぎず、身幅も広すぎず、クラシックになりすぎない点が好き。ジャケットの上からでもすんなり着られるし、仕事でもプライベートでも活躍しそう。

長尾 健さん / 会社員
ハンガーに掛かっている状態では普通のシンプルなステンカラーコートだったけど、着てみると前がスナップボタンになっていてカジュアルな服装でも馴染みました。開閉がしやすくて快適でした。

金子恵治さん / レショップ コンセプター
クラシックなシルエットと、モダンなディテールが見事に調和しています。欲しい要素が満載のコートです。

オクトシヒロさん / スタイリスト
座ったり、腕を曲げてみてもシワがつきにくくてスマート。

五十嵐孝哉さん / 会社員
定番のステンカラーコートに見えて、深いネイビーの色や小さめの襟など、どこかほかと違う気がする。カーキとかブラックとか、ほかの色もあればぜひ見てみたい。

森田昌仁さん / TEAM UOMO
普通のボタンよりスナップのほうがよりミニマルでかっこいい。

第2位
AURALEEのカーゴパンツ

「ガチなファティーグパンツは恥ずかしいけど、これは上品でちょうどいい」
三好 良さん /
1LDK/SO NAKAMEGURO ディレクター

ミリタリーのカーゴパンツをナイロン素材でアップデートした、オーラリーらしいやわらかな佇まいが魅力。黒に近いダークネイビーは光沢が控えめでほかの素材とも相性よし。パンツ¥34,000/オーラリー シューズ¥27,000/クラークス オリジナルズ(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店)

みんなのレビュー!

宮田恵一郎さん / エディター
ミリタリーのファッションは気になるけど、武骨な本気系はまだ自分には合わない。だけどネイビーの色とナイロンの光沢が都会的なオーラリーはちょうどいい。まずはこれからチャレンシしたい。

梅原輝夫さん / 会社員
カーゴパンツにありがちな重い印象がまったくないのが新鮮。かといってコンサバなタイトシルエットではなく、ルーズシルエットがかっこいい。ウエストと裾のドローコードがもう少し本物のような頑丈な作りだったらなおよかったと思います。

飯垣祥大さん / スタイリスト
こんなかわいいミリタリーなら普段からジャケットと合わせたい。

力石恒元さん / エディター
カーゴパンツのディテールで男っぽさがありつつ、薄手のナイロンの質感で可憐な雰囲気もあってバランスがいい。素材感をもっと楽しめるように、もう少し太くてもいいなと感じた。

第3位
LEMAIREのセットアップ

「くすんだピンクのダブル…古風でいかす」
松本雄司さん / モデル

適度に光沢のある軽やかなウールで仕立てられたセットアップ。ワンタック入りパンツはかなりワイドシルエット。ジャケット¥121,000・パンツ¥87,400・シャツ¥28,600/ルメール(エドストローム オフィス) ニットキャップ¥8,600/カムズアンドゴーズ(alpha PR) メガネ¥36,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) スカーフ¥21,000/ユーゲン(イデアス) スニーカー¥7,000/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

みんなのレビュー!

比田井純也さん / TEAM UOMO
セットアップで春らしくなるなんて意外!

板島享季さん / 設計事務所
初見ではガラが悪く見えそう…と敬遠しましたが、着てみるとそんなことはなく、むしろ温かみがあってよかったです。ジャケットもパンツもけっこうオーバーサイズだけど、動いて変なシワとかドレープができず、身体にフィットする感じがいい。パンツの裾は靴にかかったときにきれいにたるむよう、少しだけテーパードがかかっていて気がきいています。

三吉竜大さん / GILT マーケティング
まるで芸術品。今季はこれで過ごすと決めた。

杉山耕平さん / TOMORROWLAND PR
ビッグシルエットのトレンドが来る前から、ずっと同じシルエットを貫いているので説得力が違う。シルエットに加えて、スモーキーカラーもまさにルメール。さらにファンになりました。

張替雅登さん / WAG,Inc. PR&プランナー
下に重心があって抜け感が出る。パンツのベルトなど細部も完璧。

第4位
karrimor for Steven Alanのセーリングジャケット

「ポケットにいろいろ詰めても 膨らみが気にならないシェイプが好き」
中林龍平 / UOMO編集部

カリマーの刺繡をボディと同色で入れたミニマルなナイロンセーリングジャケットはスティーブン アランの別注。レトロなアウトドアウェアのいい意味でのいなたさを残しつつ、都会的な仕上がり。パーカ¥26,000/カリマー フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) パンツ¥26,000/エイチ ビューティ&ユース

みんなのレビュー!

柳川一心さん / TEAM UOMO
スモーキーなグリーンありそうでない!

酒井雅博さん / 農業
アウトドアブランドのシェルジャケットはとことん地味か、とことん派手かの両極端で、正直着たいと思うことがあまりなかった。こんな落ち着いていて繊細なニュアンスカラーは初めて。中にジャケットを着ても着ぶくれすることがなかったので、夏以外の3シーズンはレイヤードを工夫すれば乗り切れそう。

喜入健太さん / 会社員
ふんわりシルエットがかわいい。何よりもコスパ抜群!

今泉 悠さん / ayame デザイナー
ポケットの収納力が高くて、それでいてシルエットも崩れることがない。出張が多い自分にとって理想的なパーカでした。こんな値段で買えてしまっていいの?

原 太一さん / シェフ
自然にそのまま溶け込む色。すごく落ち着きます。

第5位
COMOLIのセットアップ

「ゆるいのにだらしなく見えなくてずるい」
森田健嗣さん / 会社員

洗いのかかった柔らかなコットンセットアップ。パンツのウエストはドローコードで調節可能で、絞り具合でシルエットの変化を楽しめる。ジャケット¥46,000・パンツ¥32,000/コモリ(ワグ インク) シャツ¥36,000/モンサオ(ユナイテッドアローズ 二子玉川店) Tシャツ¥18,000/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド) メガネ¥31,000/プラダ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) シューズ¥22,000/ティンバーランド(ティンバーランド/VFジャパン) 床に置いたシューズ¥27,000/ダナー

みんなのレビュー!

池上幸平さん / モデル
ルーズなシルエットの脱力感が心地よく、洗いのかかったコットンの黒色もいい感じだった。このままのシルエットで、ウールとか、もう少し繊細な生地のセットアップもあれば着てみたい。

岩井泰樹さん / 役者・アパレル
セットアップなのにキメすぎた感じにならない!

徳原 海さん / エディター
ジャストサイズを選んでも自然にゆるいシルエットになってしまう絶妙なフィッティングが、コモリならではとあらためて感じました。秋冬はかっちりとしたスーツで過ごしたので春夏はこれでいきたい。生地も薄手で涼しそう。

第6位
ATONのフィッシングコート

「シャカッとしたナイロンの質感、懐かしいけど新しい」
西又潤一さん / スタイリスト

合成繊維のなかった’40年代のフィッシングジャケットからインスパイアされたコートの素材は、イタリアのリモンタ社で織り上げたハイテクなナイロンをあえて石川県の染工所によるナチュラルダイで染めたオリジナル。着用時にゴワゴワ感を楽しめるシルエットが秀逸だ。コート¥89,000・パンツ¥29,000/エイトン(エイトン青山) シャツ¥18,000/トゥモローランド メガネ¥31,000/プラダ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)

みんなのレビュー!

野村優歩さん / ライター
くすんだ色も、オーバーサイズシルエットも、自分のキャラクターにいちばん合うアウターでした。前身頃のポケットはちょっと大きすぎて出し入れが難しいけれど、デザインとしてはすごくかわいいのでアリ。レトロな佇まいがまた新鮮です。

安武俊宏さん / BEAMS プレス
天然染料を使った色がいいしすごく今の時代を象徴している。

小川智宏さん / 会社員・ライター
ブルーのアウターが欲しいと思っていたのでうれしい。いつものスラックスとの相性もよく、素材感も新鮮だった。

第7位
CristaSeyaのリネンジャケット

「こんな柔らかいリネンジャケットあるんですねえ」
小池義浩(システムエンジニア)

パッチポケットで広めのラペルと、クラシックな2つボタンジャケットを、柔らかなリネンを使ってビッグサイズに仕立てたクリスタセヤ。英国調のチェック柄とシルエットのアンバランス感が絶妙だ。ジャケット¥144,000/クリスタセヤ(ビオトープ) ニット¥30,000・ニットポロシャツ¥26,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) ショーツ¥18,000/セラードア(アダム エ ロペ)

みんなのレビュー!

張替雅登さん / WAG,Inc. PR&プランナー
シルエット、リネンの少しざらつく素材感、すべてが今の気分でした。おじさんぽさがあるけど、モダンなコーディネートにも合ってしまうのがすごいところ。

三好 良さん / 1LDK/SO NAKAMEGURO ディレクター
素材感、身体へのフィット感すべてが絶妙! 買います!

中野健吾 / UOMO編集部
書く仕事では、ジャケットの袖口が大きいと邪魔になって不便だが、これは収まりがいい。着丈がもう少し長いともっといいな。

第8位
A.A.Spectrumのレザージャケット

「こんなに気を遣わずはおれるレザー、初めてだ」
工藤 健さん / アダム エ ロペ プレス

女性デザイナー、エリザベート・スタムによるデンマークブランド。彼女が北京に住んでいたこともあり、随所に東洋のエッセンスが見られるのがポイントだ。レザージャケットでさえもボタンレスで柔和な印象。レザージャケット¥159,000/エー エー スペクトラム(ワンダーラスト ディストリビューション) Tシャツ¥12,000・パンツ¥36,000/テクスト(PARKING) メガネ¥36,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)

みんなのレビュー!

高本寛将さん / 会社員
やたらと袖が長くて最初は戸惑ったけど、袖口のボタンのかけ方でシルエットが変わるので、着こなす楽しみがあると思いました。羊革の柔らかさは普段使いに向いているし、前ボタンがない“はおり”のデザインも、レザー独特な艶っぽさが払拭されるのでアリ!

長塚健斗さん / WONK ヴォーカル
レザージャケット、人生でここまで欲しいと思ったことがない!

三谷崇雄さん / alpha PR プレス
大柄な体型でも、このボックスシルエットならいい感じになる。裏地がしっかりしていて、袖通りがスムーズでした。

第9位
Graphpaperのベルテッドパンツ

「この白パンなら許せる」
本多恵三郎さん / デザイナー

もはやブランドを代表する存在であるデニム素材のベルテッドパンツと、ブランドの象徴であるコート「じゃないほう」のジップアップパーカ。どちらもわかっているのが大人。パンツ¥26,000/グラフペーパー パーカ¥154,000/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店) スウェット¥27,000・Tシャツ¥13,000/ロエフ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) ソックス¥3,300/オーラリー・サンダル¥42,000/オーラリー メイド バイ フット ザ コーチャー(ともにオーラリー) メガネ¥36,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)

みんなのレビュー!

津島大地さん / 通信販売
この春は白パンに挑戦したいと思っていたので、まさにドンピシャ。これでもかってくらい太いシルエットと、厚手の素材感がコンサバにならずちょうどいい。今回履いていたナイキのエアフォース 1との相性もよかったし、いつものコンバースでも違和感なさそうで楽しみ。

豊島 猛さん / スタイリスト
好きなワイドスラックスの延長としていつもどおりにはける。

工藤 健さん / アダム エ ロペ プレス
個人的にパンツ部門1位! ベスト・オブ・白パン。

第10位
MACKINTOSHの ゴム引きパーカ

「色もシルエットも着心地も自分のためのものかと思った」
藤村雅史さん / アートディレクター

みんなのレビュー!

田坂朋彦(一級建築士)
ゴム引き生地でコートではなく、パーカという意外性に惹かれました。フードのチンストラップや袖口のあしらいなど、すべてが機能美というか、意味が明確に読み取れてかっこいいです。このまま着て帰りたいと思いました。

根本茂行(コンティニュエ プレス)
コートよりむしろショート丈のほうがごわつかず自分のタイプ。

松本雄司(モデル)
ジップやボタンが大げさでかっこいい。滑りはいまいちだったけれど、問題なし。


アクネ ストゥディオズ アオヤマ TEL:03-6418-9923
アダム エ ロペ(ジュングループカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
alpha PR TEL:03-5413-3546
イデアス TEL:03-6869-4279
エイチ ビューティ&ユース TEL:03-6438-5230
エイトン青山 TEL:03-6427-6335
エドストローム オフィス TEL:03-6427-5901
オーラリー TEL:03-6427-7141
グラフペーパー TEL:03-6418-9402
コンバースインフォメーションセンター TEL:0120-819-217
スティーブン アラン トーキョー TEL:03-5428-4747
ダナー TEL:03-3476-5661
ティンバーランド/VFジャパン TEL:0120-953-844
トゥモローランド TEL:0120-983-522
PARKING TEL:03-6412-8217
バブアー 銀座店 TEL:03-6264-5569
ビオトープ(ジュングループカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
ビューティ&ユース 渋谷公園通り店 TEL:03-5428-1893
ブラミンク TEL:03-5774-9899
マッキントッシュ青山店 TEL:03-6418-5711
ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180
ユナイテッドアローズ 二子玉川店 TEL:03-5716-3780
リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス (オリバーピープルズ) TEL:0120-990-307
ワグ インク TEL:03-5791-1501
ワンダーラスト ディストリビューション TEL:03-3797-0997

Photos:Masanori Akao[white STOUT] 
Hair:HORI[bNm] 
Stylist:Toshihiro Oku Models:Ben Cedric Colie