KAPTAIN SUNSHINEのシェルコート

prevnext

COAT KAPTAIN SUNSHINE:¥69,000

「着たときにAラインに広がるシルエットが好き」
小宮山雄飛

高橋正典さん / スタイリスト
ゴアテックスなどの高機能ウェアでファッションとして着られるクラシックなシルエットのコートは、新品で探してもなかなか見つからないので貴重。

小宮山雄飛さん / ミュージシャン
ハンガーにかかったままだと気がつかなかったけど、横から見たシルエットがきれいなAラインで好き。ポケットのジップも調子いい。

森田健嗣さん / 会社員
機能も形も文句なしだからこそ、黒ではなく春らしい明るい色があったらなおよかった。(森田健嗣)

加藤健司さん / TEAM UOMO
ゴアテックスのアウターはフードがあるとカジュアルになりすぎるけど、スタンドカラーだから東京で無理なく着られそう。

熊野宗寛さん / 茶道家
これくらいダボッとしていたら休日に使いやすい。いたるところにポケットがあるので子どもと遊ぶときに荷物を入れられて便利。フードがないのもいい。

コート¥69,000/キャプテン サンシャイン(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


SUNSPELのビッグパーカ

prevnext

PARKER SUNSPEL:¥19,000

「デカイのに首は詰まっているから、だらしなさがない」
増井岳人

豊島 猛さん / スタイリスト
タイトシルエットの多いサンスペルなのにここまでビッグサイズという意外性が最高。裏起毛がないのでこれからの季節も暑すぎず、問題なく着られる。

今泉 悠さん / ayame デザイナー
フードのドローコードのマットで渋い先端パーツがかっこいい。細かい点に気がきいている。

増井岳人さん / 彫刻家
身幅も袖もかなり太いのに首は詰まっているから、だらしなく見えない。ウエストのリブがゆるいので着たときにふんわりと広がってかわいい。こんな不思議なシルエットのパーカは初めて見た。欲しい!

オクトシヒロ / スタイリスト
サンスペルでビッグシルエットというのが新鮮。甘めのウエストリブは上にめくれやすいので、裾丈があと1~2㎝長いとさらによかった。

宮田恵一郎さん / エディター
丈は短くて、身幅がたっぷりあるアメリカンなシルエットながら、生地はサンスペルらしく滑らかでソフトというギャップに惹かれる。ありそうでない!

UOMO別注のパーカ¥19,000/サンスペル(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


STUDIO NICHOLSONのニット

KNIT STUDIO NICHOLSON:¥49,000

「この包まれる感じ、ノーストレス」
速水健朗

速水健朗さん / ライター
見た目はずっしりしているけど、着てみると軽すぎて驚き。意外ともたつかず動きやすくて快適。

長塚健斗さん / WONK ヴォーカル
くるんとロールした袖に萌える。

高本寛将さん / 会社員
編み方や短い着丈、ワイドシルエットなど「かわいい」が満載だけど縫製がいいのか、
だらしなく見えなかった。やわらかな色も大人っぽい。

ニット¥49,000/スタジオ ニコルソン(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


MARNIのリラックスパンツ

PANTS MARNI:¥69,000

「裾のおさまりがよくて上品に見える」
田中 望

藤村雅史さん / アートディレクター
もう何本も同じ形のマルニのパンツをはいてきたけど、ウエストゴムの絞り具合と、靴につかず離れずの裾丈が素晴らしい。買い足し確定だな。

田中 望さん / Revolution PR プレス
カーキだけどミリタリー感がまったくない。細めの自分でも無理がない太さでした。

児玉孝志さん / BEAUTY&YOUTH PR
実はベルトループ付きなのがさすが。

パンツ¥69,000/マルニ(ミラベラオム) ニット¥49,000/スタジオ ニコルソン(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


INDIVIDUALIZED SHIRTSのシャツ

prevnext

SHIRT INDIVIDUALIZED:¥25,000

「生地がさらさらしていて、気持ちいい」
原 太一

金子恵治さん / レショップ コンセプター
ガツンと存在感のあるオーバーサイズシルエットやラフな縫製など、いい意味で愛嬌のあるこれぞアメリカのシャツという迫力。それが普遍的でもあり、今っぽくもあり、もう超おしゃれ。

原 太一さん / シェフ
身体のラインを拾わないふんわりとしたシルエットといい、シルクのように滑らかなポプリン素材といい、大人に優しいシャツです。

池上幸平さん / モデル
シンプルでオーバーサイズシルエットは大好きだけど、ボタンがもう少し薄いとか、上品なものを使ってほしかったかな。

三谷崇雄さん / alpha PR プレス
大きいけどネックはジャストで着られるように作られているので、ジャケットなどを
合わせても決まりやすい。襟の立ち具合もきれい。

中野健吾 / UOMO編集部
身長184㎝でもLサイズだと袖の余りが出るほど。シャツは必ずタックインするが、
そのとき膨らみが大きすぎたのでMサイズがベストか。

UOMO別注のシャツ¥25,000/インディビジュアライズド シャツ(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


MACKINTOSHのフーデッドコート

COAT MACKINTOSH:¥109,000

「極薄素材のコートは東京ではいちばん使える」
根本茂行

中山慶人さん / URBAN RESEARCH プレス
実はこういう薄い生地のロングコートで作りがしっかりしたものは珍しい。 欲を言えばもう少しインナーが透けない濃い色も欲しい。

根本茂行さん / コンティニュエ プレス
繊細な生地にゴツめなジップのギャップが好み。 とにかく軽く、暑い東京でのはおりに使える。

山崎貴之 / UOMO編集部
各所にドローコードがあって表情をつけやすいが、ヒモが長く伸びすぎる。インナーが透けるのは、逆に頭の使いどころで 下に何を着るべきか楽しみがある。

コート¥109,000/マッキントッシュ(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


STUDIO NICHOLSONのパンツ

prevnext

PANTS STUDIO NICHOLSON:¥42,000

「太さ、生地の張り、安定感抜群」
野村優歩

髙橋義明さん / モデル
テーパードしないドカン型が珍しい。

野村優歩さん / ライター
ウエストベルトがアクセントになるニコルソンのパンツは生地の厚さ、 太さがちょうどいい。ワンクッションがつくくらいの 裾丈でもよかったかも。

パンツ¥42,000/スタジオ ニコルソン(ミラベラオム) UOMO別注のシャツ¥25,000/インディビジュアライズド シャツ(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


KAPTAIN SUNSHINEのパンツ

PANTS KAPTAIN SUNSHINE PANTS:¥32,000

「お尻が大きくても脚が長く見えるお得な形」
杉山耕平

矢島凌成さん / アシスタントエディター
見た目がちょっと派手で難しいかなと思ったけど、はいてみると逆に無地のトップスだけでも決まるので簡単だった。さらっとした素材感が気持ちいい。

杉山耕平さん / TOMORROWLAND PR
股上が深くて腰まわりがたっぷりと膨らんでいるので、お尻が大きい人でもすっきり見えてお得。

夏目祐輔さん / 会社員
着るだけで涼しく感じるパンツは夏に必要。

徳原 海さん / エディター
無地のパンツより、パンツ自体にクセがあるほうがコーディネートをシンプルにできるし、ワンクッションがつくくらいの パジャマパンツは上品さがある。

パンツ¥32,000/キャプテン サンシャイン(ミラベラオム) UOMO別注のスウェット¥22,000/トーガ ビリリース(ミラベラオム) スニーカー/スタイリスト私物


TOGA VIRILISのスウェット

prevnext

SWEAT TOGA VIRILIS:¥22,000

「アクセサリーを着ている感覚」
朝倉 琢

朝倉 琢さん / 会社員
シルエットがきれいなスウェットはそこらじゅうにあるが、アクセサリーのような「小技」のきいたものはない。脇のストーンは着るとチラ見えで上品。

行方 淳さん / エディター
デカイだけじゃなくて素材とシルエットの相性がいいので落ち感が最高。重ね着の楽しみが増える。

柳川一心さん / TEAM UOMO
着る前はストーンがガチャつくと思ったけど、着ると気にならない。むしろチラ見えがおしゃれ。

小池義浩さん / システムエンジニア
トーガはもともとデザインが強いので、このくらいのアクセントは入門としてちょうどいい。ストーンがなくてもスウェット単品として十分魅力的。

UOMO別注のスウェット¥22,000/トーガ ビリリース(ミラベラオム) パンツ¥32,000/キャプテン サンシャイン(ミラベラオム) スニーカー/スタイリスト私物


Scyeのクロップドジャケット

JACKET Scye:¥38,000

「動きやすいのでタイトシルエットが着たくなった」
柳 雅幸

名知正登さん / エディター
ボタン含めてすべて白で統一されており大人っぽい。パンツと裾の間にけっこう
スキマができてしまうので、あと数センチ着丈が長ければうれしい。

森山真司さん / District UNITED ARROWS セールスマスター
この織りの技術を使ってこのプライスは本当にコスパがいい。タイトシルエットで短丈だと、着こなしに深みを出すのが難しいが、縫製がいいので適度なボリュームが生まれておじさんでも着やすい。

柳 雅幸さん / MAIDEN COMPANY プレス
ドロップショルダーのオーバーサイズに慣れすぎてしまって、正統なジャストサイズが新鮮に感じるが、実はクラシックなアイテム。窮屈なタイトシルエットはもう必要ないけれど、動きやすいタイトシルエットはエレガントだと思い出させてくれた。

ジャケット¥38,000/サイ(ミラベラオム) その他/スタイリスト私物


これら掲載アイテムは、
ミラベラオムで購入可能。

https://store.hpplus.jp/mirabellah/
●配送料:お買い上げ総額にかかわらず全国一律¥500(税抜き)。


集英社HAPPY PLUS STORE TEL:0570-008010
またはサイト内の「お問い合わせフォーム」から

Photos:Teppei Hoshida 
Hair&Make-up:Narumi Tsukuba 
Stylist:Junichi Nishimata 
Model:Martin