遊べる大人のセットアップのバランスは「ジャスト&ワイド」!

セットアップもジャケットと同じくオーバーサイズ&ドロップショルダーが主流だったが、現代的に着るためのシルエットはもはやジャストサイズが鉄則。気取りすぎず、適度なリラックス感を出したければ上着でなくパンツでワイドシルエットを取り入れよう。アミの一着は上質なバージンウール素材を使用。身幅こそ細身だが、腕まわりにはゆとりがありコンフォタブル。パンツがワイドでも馴染む。ジャケット¥136,000・パンツ¥91,000/アミ アレクサンドル マテュッシ(アミ オモテサンドウ) シャツ¥27,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル) カットソー¥13,800/サウス2ウエスト8 × グッド&ウーレン(サウス2ウエスト8) シューズ¥130,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)


素材は硬軟おりまぜろ!

 選ぶアイテムも色の合わせ方も似ているのに、一方はおしゃれに見えて一方はイマイチということがある。それ、もしかしたら素材のコントラストが原因かもしれない。こんな一見シンプルなコーディネートも質感にコントラストがあるとないとでは大違い。仕上がりの立体感が違うのだ。硬さと柔らかさだけでなく、光沢&マットのギャップも意識するのがポイント。特にワントーンコーディネートには、このテクニックは大いに役立つ。

ニットカーディガンとカシミヤニットポロシャツの間にナイロン素材のシャツをレイヤード。武骨なデニムとのコントラストもポイントに。カーディガン¥35,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) ナイロンシャツ¥38,000/オーラリー ニットポロシャツ¥20,000/アラン ペイン(真下商事) ジーンズ¥36,000/シオタ ブーツ¥24,000/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)


色を合わせながら素材でギャップを演出できたら上級者。最も硬軟おりまぜるテクニックが光る着こなしだ。ワントーンコーディネートもここまで立体的に仕上がる。ジャケット¥59,000/スタジオ ニコルソン(キーロ) スウェット¥22,000/バトナー フォー アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) パンツ¥90,000/ヘリル(アンシングス) シューズ¥64,000/パラブーツ(パラブーツ青山店) その他/スタイリスト私物


アクネ ストゥディオズ アオヤマ TEL:03-6418-9923
アダム エ ロペ(ジュンカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
アミ オモテサンドウ TEL:03-5778-4472
アングローバル TEL:03-5467-7864
アンシングス TEL:03-6447-0135
オーラリー TEL:03-6427-7141
キーロ TEL:03-3710-9696
クラークスジャパン TEL:03-5411-3055
サウス2ウエスト8 TEL:011-280-7577
シオタ info@ciota.jp
ジェイエムウエストン 青山店 TEL:03-6805-1691
パラブーツ青山店 TEL:03-5766-6688
真下商事 TEL:03-6412-7081

Photos:Keita Goto[W] Taro Hirayama
Hair&Make-up:AMANO Kurushima[Y’s C]
Stylist:Masanori Takahashi Takeshi Toyoshima
Models:Simon Vlad Luke Michal
Composition&Text:Jun Namekata[The VOICE]