ライトアウター感覚でシャツをセットアップで着る

今季やたらと目にするシャツのセットアップ。肉厚なオーバーサイズを選べば、堅苦しくなくピシッときまる。’90年代のヒップホップカルチャーからインスパイアされたビッグシルエットのシャツに細身のセンタープレスパンツのバランス、上品なトーンのネイビーも魅力だ。シャツ¥112,500・パンツ¥94,500/OAMC(エドストローム オフィス) 中に着たシャツ¥33,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) Tシャツ(2枚セット)¥2,700/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ソックス/スタイリスト私物


半袖のレザーシャツなんて重ねるためにある

武骨なイメージの強いレザーの半袖シャツも、オーラリーの手にかかればこんなに軽やかに。春なら一枚で着るのもいいが、今の時期ならベージュでトーンを揃えた長袖シャツとのレイヤードで表情豊かにスタイリングするのもいい。シャツ¥170,000/オーラリー 中に着たシャツ¥68,000/クリスタセヤ(ビオトープ) Tシャツ(2枚セット)¥1,900/フルーツ オブ ザ ルーム(FTLジャパン) パンツ¥35,000/チノ(モールド)


ベストを上から重ねるのに最適なシルエット

3パターンの着丈に3パターンの身幅を組み合わせた、9種類の型から自分に合うものを選べるのがLEのシャツのいいところ。これは身幅は普通で着丈が長め。ベストを重ねれば裾からインに重ねたシャツがのぞいていい具合。シャツ¥16,000/エルイー(レショップ) ベスト¥27,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル) Tシャツ(2枚セット)¥1,900/フルーツ オブ ザ ルーム(FTLジャパン) パンツ¥37,000/ベルナール ザンス(トゥモローランド) ヴィンテージの時計¥738,000/江口時計店


首元で変化を楽しむ、優しげな開襟シャツ

滑らかなレーヨンコットンに、深みのあるグリーンの柔和な雰囲気がよく似合う。身幅が狭く着丈は長めなので、ボタンを留めて品よく着こなすのがオススメ。それだけでも十分オシャレだけど、首元からタートルニットをのぞかせれば、より大人っぽく落ち着いた雰囲気に仕上がる。シャツ¥27,000/08サーカス(08book) ニット¥26,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ¥26,000/キャプテン サンシャイン


アクネ ストゥディオズ アオヤマ TEL:03-6418-9923
アングローバル TEL:03-5467-7864
江口洋品店・江口時計店 TEL:0422-27-2900
エドストローム オフィス TEL:03-6427-5901
FTLジャパン TEL:03-6303-4710
オーラリー TEL:03-6427-7141
キャプテン サンシャイン TEL:03-6277-2193
08book TEL:03-5329-0801
トゥモローランド TEL:120-983-522
ビオトープ(ジュンカスタマーセンター) TEL:120-298-133
ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター TEL:120-456-042
モールド TEL:03-6805-1449
リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238
レショップ TEL:03-5413-4714

Photos:Yuki Kumagai
Hair&Make-up: HORI[bNm]
Stylist:Masanori Takahashi
Model:Rihito[UOMO Model]
Text:Misato Kikuchi