ライダースジャケットを上品に着るには…

インは白のハイネックとブルーのシャツで爽やかにまとめ、
パンツは太めにして品よく

ライダースジャケットは、主役として着こなそうとするよりも、いつもの装いに少しだけ男らしさをプラスするぐらいの気持ちではおるのがちょうどいい。白のハイネックとサックスブルーのシャツのクリーンさを、ライダースの黒レザーが引き締めて、絶妙なモダンさが生まれる。パンツはタック入りのワイドスラックスを合わせて、上下のバランスを整えるのが正解。ジャケット¥220,000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) シャツ¥19,000/エイチ ビューティ&ユース カットソー¥13,000/サンスペル(サンスペル 表参道店) パンツ¥45,000/ニート(にしのや) シューズ¥115,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)


レザーパンツでもロックミュージシャンのようにならないために…

ニットベストとスニーカーと合わせて、
大人のカジュアルダウン

艶っぽさとそのロックな雰囲気ゆえに、これまで避けてきたレザーパンツ。難易度の高いパンツでもアリかもと思わせてくれたのが、この細すぎず太すぎないシルエットがいい、アクネの一本だ。ニットベストやハイキングスニーカーと合わせれば、カジュアルさはキープしつつも、まるでスラックスのようにはきこなせるから驚き。とはいえ、重く見える黒を合わせるのはNG。シックだけどより軽いグレーを選びたい。パンツ¥118,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) ニットベスト¥24,000/グラフペーパー シャツ¥39,000/スタジオ ニコルソン(キーロ) スニーカー¥28,800/リプロダクション オブ ファウンド(スティーブン アラン トーキョー)


Gジャンを男っぽく着るのはもう古い…

イエローニットで、
明るくポップに仕上げるのが新鮮

ウォッシュドブラックのデニムジャケットをそのまま男らしく着るのは、往年のスタイルをなぞるだけで野暮ったくなってしまう。ここはあえてイエローニットをぶつけて、ポップに遊んでみるのが新鮮だ。首元に白Tをのぞかせれば、さらに明るい印象になる。色使いは若々しいが、ハイゲージのニットを選ぶことで、上品な大人の着こなしにまとまる。ブルゾン¥40,000/オーラリー ニット¥27,000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) カットソー¥6,000/エルイー(レショップ) パンツ¥33,000/マーカウェア(PARKING)


艶っぽく見えない黒シャツって…

オーバーサイズ一択!

黒シャツはどうしても色気が出てしまう…と敬遠してきたが、ビッグシルエットのCPOシャツならカジュアルに着られる。デニムとも相性抜群。シャツ¥45,000/マーヴィン ポンティアック(オーバーリバー) Tシャツ¥9,000/アダム エ ロペ デニムパンツ¥34,000/カンタータ(カルネ) シューズ¥24,000/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)


男らしいブーツのちょうどいい履き方は…

クリーンな白パンで中和させる

トウのボリュームが男らしいアワー レガシーのサイドジップブーツ。足元で主張したいと思っていたのでこの武骨さは気分だが、これだけだと強くなりすぎてしまう。やわらかな白パンに合わせて、馴染ませるとちょうどいい。ブーツ¥70,000(参考価格)/アワー レガシー(エドストローム オフィス) パンツ¥39,000/スタジオ ニコルソン(キーロ)


気負わず使えるレザーバッグの条件とは…

マットな色味とミニマムなデザイン

着こなしを選ばず、嫌みなく日常使いできるレザーバッグ。求めていたバッグは、意外にもシューズブランドのフット・ザ・コーチャーにあった。光沢を抑えたレザーの色味、最小限のステッチで作られたミニマムな佇まいは上品で使いやすい。バッグ縦30㎝×横42㎝×マチ16㎝。¥44,000/フット・ザ・コーチャー(ギャラリー・オブ・オーセンティック)


キャスケットをモダンにかぶるには…

黒縁メガネと合わせて、
顔まわりをシックにまとめる

黒い帽子をかぶるならハットではなくかわいげのあるキャスケットがおすすめ。黒縁メガネとコンビでシックにまとめると大人っぽい。帽子¥12,000/キジマ タカユキ ニット¥32,000/キャバン(キャバン 代官山店) Tシャツ¥11,000/オー(オーバーリバー) メガネ¥32,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)


全身ブラックでも重くならないようにするには…

コートとトップスで素材を変えて、
軽やかなニュアンスを出す

全身黒でまとめるとき、怖くも重くも見せないために重要になってくるのが、素材選び。クリスタセヤのトレンチコートは、光沢のある薄手のシャツ生地を用いているため、品よくとても軽い着心地。その下にコモリの100%シルクのベストをレイヤード。ネイビーとブラックの中間のような色味で、ネップによって豊かな表情が生まれている。このようにワントーンでも素材を変えて奥行きをつくることで重さを感じさせない。九分丈のパンツで、足元に隙間があるのも軽やかに仕上がっている理由。コート¥138,000/クリスタセヤ(ビオトープ) ベスト¥32,000/コモリ(ワグ インク) パンツ¥32,000/シュタイン(スタジオ ファブワーク) スニーカー¥13,000/ハイテック(ムーンスター カスタマーセンター)


アー・ペー・セー カスタマーサービス TEL:0120-500-990
アクネ ストゥディオズ アオヤマ TEL:03-6418-9923
アダム エ ロペ(ジュンカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
エイチ ビューティ&ユース TEL:03-6438-5230
エドストローム オフィス TEL:03-6427-5901
オーバーリバー TEL:03-6434-0921
オーラリー TEL:03-6427-7141
カルネ TEL:03-6407-1847
キーロ TEL:03-3710-9696
キジマ タカユキ TEL:03-3770-2174
キャバン 代官山店 TEL:03-5489-5101
ギャラリー・オブ・オーセンティック TEL:03-5808-7515
クラークスジャパン TEL:03-5411-3055
グラフペーパー TEL:03-6418-9402
サンスペル 表参道店 TEL:03-3406-7377
ジェイエムウエストン 青山店 TEL:03-6805-1691
スタジオ ファブワーク TEL:03-6438-9575
スティーブン アラン トーキョー TEL:03-5428-4747
にしのや TEL:03-6434-0983
PARKING TEL:03-6412-8217
ビオトープ(ジュンカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
ムーンスター カスタマーセンター TEL:0800-800-1792
ルックスオティカジャパン カスタマーサービス (オリバーピープルズ) TEL:0120-990-307
レショップ TEL:03-5413-4714
ワグ インク TEL:03-5791-1501

Photos:Kazuhiro Fujita
Hair&Make-up:AMANO
Stylist:Shun Katakai[tsuji management]
Model:Toshimitsu Kokido