photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

パーソナリティとはしばしばファッションによって定義されがちだが、コーディネートしだいでそれを進化、変化させ、多様な自己表現を可能にするのもまたファッションの力。



クリエイティブ ディレクター Paul Andrew(ポール・アンドリュー)が手がけるSalvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)2020年秋冬コレクションでは、“マスキュリン”を象徴するビジネスマン、バイカー、レーシングドライバー、セーラー、ソルジャー、そしてサーファーの6つのタイポロジー(分類)を定義し、それぞれのユニフォームを伝統的なフェラガモの職人技でセンシュアルかつ高級感をもって再解釈。自由にミックスし、組み合わせることでひとつのタイポロジーに縛られない新しい時代のメンズファッションを提案する。

photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

忘れてはならないのがフェラガモブランドの“Toe to Head(つま先から頭まで)”のフィロソフィー。ウェアと同素材をアッパー部分に使用したビジネスシューズをはじめ、レザーソールで3層になったスクエア型のガンチーニモチーフ付きビジネスシューズや、1949年に発表されたアーカイブよりインスピレーションを得た「バイカー」「アーミーブーツ」など、今季を象徴するシューズに注目。



また、「トルナブォーニ」と名付けられたレザーコレクションはボストンバッグからカメラバッグまで幅広くラインナップ。軽量な布地のダッフルバッグや、手編みのトートバッグと揃いのベルト、レザートリミングされたサングラスなど、多彩なレザーグッズがコレクションを完成させる。

photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

「ファッションの力を借りて自己表現することはウィメンズウェアの方が長けているように感じるので、2020年からは男性にもひとつだけのアイデンティティやパーソナリティに縛られないファッションを提供したいと考えました」と語るポール・アンドリュー。フェラガモの最新ルックをヒントに、今年はちょっと冒険してみようかな。


フェラガモ・ジャパン TEL:0120-202-170
www.ferragamo.com