JQさん
Nulbarich/ボーカル
ジャミロクワイのオープニングアクト、武道館ワンマンライブ、2019年12月1日にはさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブの成功と、大躍進を続けるバンド「Nulbarich」主宰。

「僕のファッションの出自はストリート。昔はスケートをしては友人のブランドをチェックしていました。展示会に行けるのがうれしくていくつも回ったものですが、大人になっても実はファッションへのモチベーションは変わらない。基本好きなものを自由に合わせています。音楽が生活の大半を占める中、衣装選びの時間がすごく楽しい。スタイリスト・高橋ラムダさんとの出会いも大きく、自分が好きな世界観がさらに広がっていますね」。


MONブラウンのグラデーションはミルキートーンが新鮮

やわらかいブラウン×パープルは、今季的カラーパレット。「丈のバランスを大切にしていて、デラックスのロングコートにはこれくらいのクロップドパンツがいい」。ハットはワコマリア。


TUE色柄を盛るときはフェード感あるセレクトが肝

「ラムダさんから衣装に提案されたパンツにひと目惚れ。フェード感ある染めが絶妙です。こうして色柄を盛るのも僕にとって自然なスタイル」。グリーンのスウェットはブレインデッド。


WEDストリートなブロックチェックにエナメルローファーで色気を演出

「モノトーンはそんなに着ないけど、R.M ギャングのセットアップはショート丈のジャケットとボリュームあるパンツで面白い」。


THU若き日から愛用するブランドで大人のスタイリング

パイピングされたカーディガン調アウターにスエードのパラブーツと、シックなスタイリング。「実はサスクワァッチのアウターに、ワコマリアの今季のシャツと定番パンツ…と、僕が若かりし頃から愛用してきたブランドでコーディネートしています」。


FRIショート丈ニットにボンタン調パンツが好相性

「ニットはクリスチャン・ダダで、このカラーリングは僕好み。多色を差したい気分のときがあるんです」。


SATハイテクスニーカーでメリハリのあるスタイルに

「チェックコートとハイテクスニーカーは今、気分のアイテム。暗い服ばかりになる冬にあか抜けて見えそうです」。


SUNたっぷりしたコートには白パンで軽さを出したい

「オンブレチェックのロングシャツの上に、デラックスのコートをレイヤードしてシックに」。パンツはネオンサイン。


Photos:Takahiro Idenoshita 
Text:Takako Nagai