西又潤一さん JUNICHI NISHIMATA
スタイリスト
スタイリスト二村毅氏に師事後、独立。本誌ほか多くのファッション誌、広告、カタログなどで活躍中。私服も仕事もクリーンでミニマルなスタイリングが持ち味。

「夏に自分のベースカラーが黒からグレーに変わって、しばらくは差し色でネオンカラーなどを着ることが多かったのですが、冬はグレーベースはそのままに、より『馴染む色』を探すようになりました。黒が馴染むのは当たり前として、発見だったのはオリーブやベージュなどのいわゆるアースカラー。グレーの冷たいワンカラーコーディネートよりも、冬らしい温もりが出るというか優しげな雰囲気になるんです。着回しもラクですしね」。


MON今季のベストアウターはオリーブカラーのカルーゾ

「オリーブカラーのアウターはすごく久しぶり。以前は黒と合わせていましたが、グレーも仲間の色と気づきました。すっきりとまとまる気がします」。パンツはヴィンテージのアルマーニ。


TUE昔ながらの普通のワークパンツをブランドの新作で見つけるとうれしい

スタプレ…に見えて実はマルニの新作。「ややフレアしたシルエットが新鮮で、グレーがかったベージュの色もマルニならでは」。ベストはアークテリクス、ニットはグラフペーパー。


WEDシルバーグレーにはブルーのネオンカラーがマッチ

マルニの中綿入りコートは明るいシルバーグレーが魅力。「このくらい光沢があるなら、ジャージーズのネオンカラースウェットがいやらしくなく着られます。マフラーも同系色がポイント」。


THUたまにはグラフィックを入れてマンネリに陥るのを回避

「無地ばかりで着回していると飽きるので、たまにシュプリームのリタ・アッカーマンのプリントパーカで鮮度を出します」。


FRIモノトーンな日にはやわらかな曲線を意識して

プラダのブルゾン、ジョンストンズのマフラー、エイチ ビューティ&ユースのパンツ、クラークスのデザートブーツまで黒~グレーのきれいなグラデーション。「クラークスのグレースエードは足元が軽やかになるので、冬いちばんのお気に入りです」。


SAT逆に上下タイトシルエットも春に向けて注目している

「スメドレーのニットはあえてジャストサイズで、スタビライザーのデニムはブーツカット。どちらも少し気になるシルエット」。


SUN旅先では色合わせのほかに効果的なレイヤードも意識

「出張先の京都では、アークテリクスのベストが活躍」。


Photos:Mitsuo Kijima