増井岳人さん TAKETO MASUI
彫刻家
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。独創的な彫刻作品を精力的に発表している。2015年から東京藝術大学美術学部彫刻科で非常勤講師を務める。本誌でもたびたびモデルとして登場。

「Tシャツにジーンズ、足元はニューバランス。ラフに過ごした夏の反動からか、寒くなるとなぜかトラッドな服を着たくなるんです。といっても職業柄、ドレスアップするシーンがあまりないので僕にとってのトラッドはブレザーやシャツではなく、オーセンティックなアウトドアウェアなんです。季節ごとに新作を買うのではなく流行の薫りのしない、主張のない服を『いつか着る』と思ってたまたま見つけたらストックしている感じです」。


MON自分のライフスタイルに合うのはヘビーデューティ

キャンバーのスウェットの上下に、L.L.ビーンのゴアテックスのベンチコートをバサッとはおった気取らないスタイル。「何年か前に買ったビッグサイズのコートで、どこにもブランドロゴが入っていないのが好きです」。


TUE18歳で決断した大物買いは成功22年間着続けている
熟成バブアー

「当時7万円で買ったバブアーの『ノーザンブリア』という長めの丈のモデルは大学1年の自分としては思い切りましたが、今でも大切に着ています」。ニットはマルジェラ、パンツはJ.プレス、シューズはオールデン。


WEDアノニマスなデザインに惚れたダウンは実はあそこのもの

「十数年前に買ったモンクレールのダウンはあのパッチがなくてすごくノーマルなデザインなんです。今年久しぶりに着たら気分とすごく合いました」。パンツはコム デ ギャルソン・オム、バッグは100円ショップのもの。


THU作業日に活躍するのはL.L.ビーンのゴアテックスダウン

「今はもう展開がないらしいですが、少し前にL.L.ビーンにゴアテックスのダウンジャケットがあったんです。高機能なのに見た目がノスタルジックなので、いつものジーンズにも馴染みます」。足元はニューバランス2040。


FRIインナーは基本タートルネックたまにはドレスブランドも

MONと同じコートのインナーにはダンヒルのカシミヤニットを。「L.L.ビーンのジーンズは、実は裏地がネル生地になっていて冬でもかなり暖かい。たまには英国ブランドと合わせて緊張感をもちたいですね」。


SATキメすぎずゆるすぎない秘密はパンツ選びにあった

「WEDと同じダウンジャケットに、今日はインコテックスのコーデュロイスラックスを合わせました。シルエットと素材のギャップが好きです」。ニットキャップはほかの日も含めてすべてカムズアンドゴーズのもの。


SUNサイズを大きめにしてコンサバに見せない工夫

「パンツは前日と同じインコテックスですが、実はサイズがジャストよりワンサイズ大きいのでL.L.ビーンのざっくりしたニットとも無理なく合うんです。ロークのシューズで仕上げ年相応な(笑)大人を意識してみました」。


Photos:Mitsuo Kijima