photo
photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

これまでのコレクションのモチーフだった「少年期のひととき」に続き、ストーリーは成人期の初期へと展開、新たな章へ。メンズ アーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブローが手がけるルイ・ヴィトン2020年秋冬プレコレクションのテーマは「伝統」。テーラリングとは切っても切り離せない関係にあるメンズウェアのコードを前提に、スポーツやアートなどの多彩なエレメントを取り入れ、型にはまったビジネス的なドレスコードを再解釈する。

photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

コレクションの中核を担うテーラリングは、フィット感のあるシルエットをベースに、テクニックや素材の加工を通してフレッシュにアップデート。“成人期の初期”と位置づけられた今季は、バーシティジャケットやウィンドブレーカー、ショーツなどのアイテムに加え、カモフラージュ・モチーフやポップなマルチカラーのモノグラム・フラワーが登場するなど、カジュアルで現代的なワードローブの要素が多く採用された。ラグジュアリーなクラフツマンシップとコンテンポラリーなアプローチが融合したトロンプ・ルイユ(騙し絵)風のステッチもシーズンを象徴するディテールのひとつだ。

photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

また、「伝統」の活性化に重要なスタイリングの要として、テクニカルメタルやメッシュ素材で進化したスニーカーをはじめ、「モノグラム」をほどこしたワーカーブーツやペニーローファー、さらにスポーティなソールとフォーマルを掛け合わせたハイブリッドダービーなどのシューズがラインナップ。マルチカラーのテーピングに彩られた「キーポル」やカモフラージュ・モチーフのソフトトランク、そしてサンハットのアクセントが新しいバランスを提案する。



先日発表され、話題を呼んだNIGO®氏とのビッグコラボも本コレクションの一部として発売予定とのこと。詳しい時期については未定のため、今後もその動向に注目を。


ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854
www.louisvuitton.com

Photos:Norbert Schoerner