第5位
キャンバーの蛍光スウェットパーカ「CHILL-BUSTER」

「色に負けないフードの迫力がすごい!」(増井岳人)

素材、縫製ともにアメリカ製にこだわって作られ続ける裏起毛スウェットパーカはフードのボリュームが特徴。黒やグレーといったベーシックカラーのほかに蛍光カラーも展開される。重くなりがちな冬の差し色に最適だ。パーカ¥12,500/キャンバー(ハイ!スタンダード) Tシャツ¥1,800/ダメージドーン セカンド パンツ¥21,000/フレッシュサービス×ディッキーズ(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ)

みんなのレビュー!

西又潤一(スタイリスト)
昔からよく着たチルバスター。肩から袖口に向かうにつれてすごくテーパードがきいているのでアウターの下に合わせやすい。蛍光イエロー、蛍光グリーンが特に好みだけど、オレンジもグレーとの相性がいいので着回ししやすそう。

増井岳人(彫刻家)
蛍光色に負けないフードの迫力がすごい! 遠目にも肉厚さがわかるふっくらとした見た目が寒い冬には温かみを感じると思う。

張替雅登(ワグ インク PR&プランナー)
パーカはフードの肉厚感と膨らみが命。ヘビーオンスより一段下の柔らかさがインナーにも使えていい。

三好 良(1LDK/SO NAKAMEGURO ディレクター)
キャンバーらしからぬビッグシルエットで今っぽい。

杉浦靖隆(TEAM UOMO)
とにかく色のインパクトがすごい。最初は難しそうに見えたけど、着てみるとシンプルなコーディネートの差し色になって意外といいかも! この蛍光色はなかなか見つからない。


第4位
オーラリーのベビーカシミヤパンツ

「これは気持ちいい…もうノーパンではきたい」(片貝 俊)

生後12カ月未満のカシミヤ山羊から初めて刈り取られる産毛だけを集め、特別に整毛されたカシミヤでできたニットパンツ。裾にかけてゆるやかにテーパードする美シルエットも相まって、オーラリーを代表するアイテムの一つ。パンツ¥62,000/オーラリー ニット¥28,000/コモリ(ワグ インク) Tシャツ¥1,800/ダメージドーン セカンド シューズ¥29,000/ニードルズ(ネペンテス) ソックス¥3,800/BIOTOP

みんなのレビュー!

原 太一(シェフ)
部屋でも外でもずっとはいていたい。ポケットには何も入れないほうがきれいなシルエットが崩れずよかった。ほかをダークカラーで締めればシックにキマりそう。

森田昌仁(TEAM UOMO)
肌触りはもちろん、シルエットがすごくいい。今回着た服の中で断トツに欲しいアイテムだった。

尾崎雄飛(SUN/kakke デザイナー)
ベビーカシミヤを使ってこの値段は奇跡! これ着たまま寝られたら最高!

片貝 俊(スタイリスト)
これは気持ちいい…もうノーパンではきたい。普段は決まったパンツばかりはいているけど、これなら欲しい。自分の膝に顔をスリスリしたいほど。

小澤匡行(エディター)
ファッションとして誰かに見せるためのパンツではなくて、自分の幸せのためだけにはくパンツ。すでに一本持っているが、あらためて幸福感に浸った。


第3位
クリスタセヤ×サルヴァトーレ ピッコロの
スタンドカラーシャツ

「素材、パターン、縫製、すべてにおいてパーフェクト」(尾崎雄飛)

今やナポリを代表するドレスブランドになったサルヴァトーレ ピッコロのパターンの美しさを生かしながら、新進気鋭のクリスタセヤがモダンにデザインした一枚。シャツの袖にダーツを入れるという構築的な作りは健在で、幅広い着こなしに対応する。シャツ¥78,000/クリスタセヤ(BIOTOP) パンツ¥32,000/グラフペーパー

みんなのレビュー!

松本雄司(モデル)
スタンドカラーで少し長い着丈と、肩が少し落ちているバランスがいい。ちょうど明るい色にチャレンジしてみたいと思っていたので、まずはこんなキャメルのシャツから始めたい。

水澗 航(STUDIO FABWORK 主宰)
スタンドカラーを断ち切りにしたラフなデザインがポイントになっているし、そもそもの縫製がいいので襟の立ち方が本当にきれい。着丈もタックアウトで着る前提で作られていてスリットの具合もちょうどいい。

尾崎雄飛(SUN/kakke デザイナー)
肩がきれいに落ちるようパターンを丸くとっていて、とにかくシルエットがきれい。ここまで作り込んでいるシャツはなかなかない。襟もおそらくもともとつけていて、それを最終的に断ち切りにしていると思われる。それほど立ち方がシュッとしている。素材、パターン、縫製、すべてにおいてパーフェクト。普通に買いたいと思った。

小林順平(ビームス プレス)
ベージュ系のシャツがマイブームということもあるが、好きな要素しかない。

小澤匡行(エディター)
パジャマっぽいリラックス感と精巧な縫製のギャップがいい。


第2位
マーヴィン ポンティアックのオーバーサイズシャツ

「派手な色は着ないけど、これなら思い切って着たい」(中野健吾)

今年シャツ専業ブランドとしてデビューしたブランド。ワンサイズしか選択肢がないにもかかわらず、男性が着ても女性が着てもサマになる独自のパターンで注目度急上昇中。シャツ¥33,000/マーヴィン ポンティアック(オーバーリバー) カットソー¥5,800/アダム エ ロペ パンツ¥33,000/オーラリー

みんなのレビュー!

秋山貴紀(スタイリスト)
オーバーサイズでワンサイズ展開という潔さがいい。インナーとして着るにはビッグシルエットのアウターでないともたつくので、これはシャツアウターとして着るのが正解かもしれない。赤のチェックが新鮮で、自分好みの黒いコーディネートに合わせてもうまく着られそう。

中野健吾(UOMO編集部)
中途半端な大きさでなく、突き抜けたビッグ感や滑らかな触り心地に感動しました。襟を抜いて着られるシルエットで僕も初チャレンジしましたが、いやらしく見えないギリギリの抜け感が好き。アームの太さもいい感じ。あまりに袖が長すぎるのは少し気になるものの、モノトーンばかりで派手な色は着ない自分でさえ、これなら思い切って着たいと思った。

田坂朋彦(一級建築士)
品のあるルーズシルエットなのでドレスアイテムとも合いそう。

高橋正典(スタイリスト)
サイズ感が自分の身体にぴったりだったので購入確定! ナイキのエアフォース1にきれいなスラックスといった’90年代のストリートテイストで着るのがよさそう。

豊島 猛(スタイリスト)
フリーサイズという感覚が今っぽい。


第1位
マッキントッシュ×レショップの
ゴム引きコート「DUNBAR」

「英国気分でもまだクラシックにはいきたくない。そんなわがままに応えてくれる一着!」(杉山耕平)

ゆったりとしたシルエットのモデル「DUNBAR」に最上級のウールモヘアのゴム引き素材を使ったレショップの別注品。袖をまくって裏地のキャメルを見せられるように袖丈が長めに設定されているのがポイントだ。コート¥235,000/マッキントッシュ×レショップ(レショップ) パンツ(参考商品)/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) シューズ¥112,000/オールデン(インターナショナルギャラリー ビームス)

みんなのレビュー!

池田尚輝(スタイリスト)
普遍的なシルエットと、今の気分な配色、すべて完璧。

杉山耕平(TOMORROWLAND PR)
たとえ英国気分でもまだクラシックにはいきたくない。そんなモード好きな僕たちのわがままな思いに応えてくれる一着。カラーリング、ベンチレーション、パーツ、すべてが秀逸。トラディショナルなマッキントッシュをここまでモードに昇華させたレショップさんに拍手!

鈴木大輔(TEAM UOMO))
ビッグなAラインシルエットなのでカジュアルに着たい。

オクトシヒロ(スタイリスト)
横からのシルエットがかっこいい。アームはもう少し太いほうが好みかも。

稲葉 翔(UOMO編集部)
生地がウールだからか、マッキントッシュのパリッとしたゴム引き感が強すぎず、すごくソフトで着やすい。最初「袖が長すぎる…」と感じたが、裏地を見せるために折り返すとジャストになった。ファッション性が高いけど、シルエットはクラシックなので長く使えるはず。

片貝 俊(スタイリスト)
このぽってりとしたシルエットがいい意味で野暮ったくて好き。裏地がキャメルになっていたり、シルバーボタンが効果的に使われていたり、マッキントッシュが本来もっているクラシックな要素が薄くなって、すごくかわいげのあるコートに仕上がっている。

宮田恵一郎(エディター)
ビッグシルエットだけど着ると不思議とすっきり見える。裾のサイドの深いスリットがかっこいい。

吉﨑哲一郎(UOMO編集部)
ゴム引きってゴワゴワして正直着づらいイメージがあったけど、試着してみたら想像以上に軽くて柔らかくて着やすい。これは買う!

霜降高明(alpha PR マネージャー)
昔買ったマッキントッシュを、アップデートしたくなった。それほど新鮮なディテールが多い。


みんなが選んだ234着全部はウオモ12月号をチェック!

UOMO12月号 試し読みはこちら>>


アクネ ストゥディオズ アオヤマ TEL:03-6418-9923
アダム エ ロペ(ジュンカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
インターナショナルギャラリー ビームス TEL:03-3470-3948
オーバーリバー TEL:03-6434-0921
オーラリー TEL:03-6427-7141
グラフペーパー TEL:03-6418-9402
ダメージドーン セカンド TEL:03-6434-0287
ネペンテス TEL:03-3400-7227
ハイ!スタンダード TEL:03-3464-2109
BIOTOP(ジュンカスタマーセンター) TEL:0120-298-133
フレッシュサービス ヘッドクオーターズ TEL:03-5775-4755
レショップ TEL:03-5413-4714
ワグ インク TEL:03-5791-1501

Photos:Keita Goto[W]
Hair:Kazuya Matsumoto[W]
Stylist:Toshihiro Oku
Model:Ben

SERIES

「みんなの試着フェス!」の記事一覧

「小さい財布」の実力は? 長財布派のエディターが1週間使ってみた

「小さい財布」の実力は? 長財布派のスタイリストが1週間使ってみた

みんなが試着して認めた、40歳男子が本当に欲しい服ベスト10!
第5位~第1位

みんなが試着して認めた、40歳男子が本当に欲しい服ベスト10!
第10位~第6位

達人が私物を入れて検証! 使える最新バックパック3選

本格ダウンなら冷凍コンテナ内でも余裕か? 岩井ジョニ男が試す!

服好きの証言。「僕たち、このパンツで体型カバーできました!」②

服好きの証言。「僕たち、このパンツで体型カバーできました!」①

試着フェスで決定! 真冬の防寒アイテム”べースレイヤー”ベスト3

見た目も機能もOK! ラグジュアリーブランドの買うべきバッグ3選

服好きがリアルに欲しい! ラグジュアリーブランドの新作バッグ3選

敏腕PRも脱帽! 試着でわかったヨソのすごいトップス&ボトム4選

おしゃれ好き3人が選んだ! 普段使いのセットアップ着回し1×2

今季、ジャケットの下に着るべきアイテムは? 達人の見違える3実例

大人の基本ニット「カシミヤ」、今年買うべき5選。どれがNo.1?

UOMOモデル・リヒトがガチ試着して選んだ「今年着たい色」4選

滝藤賢一がついに決心!? ガーメンツに続くネクスト・ブランドとは?

40歳男子が欲しい服、ホントのところ! 「みんなの試着フェス!」開催