意外や意外、ポール・スミスの大阪の路面旗艦店はこれが初めて。御堂筋沿いでひと際目立つブルーのファサードは、ブランド誕生の地である英国のレンガ造りの建物からインスピレーションを得たもので、実際に現地から取り寄せたレンガの質感をアルミニウムでかたどり、キャストパネルで表現したユニークなマテリアル。異なるもの同士をミックスして新しいものを作り上げるブランド哲学を反映した、特別な仕上がりだ。

 入口正面にはシューズ、アクセサリーをはじめとしたメンズの最新コレクションが並び、コラボアイテムの紹介、イベントスペースなどを兼ねた中央部分を眺めればポール・スミスの「今」をつかむことができる。

photo
photo
prevnext

 木材を積み重ねたスクリーンの奥には、テーラリングやフォーマルアクセサリーのための大人に欠かせないエリアが広がる。ここでは今年英国でスタートしたスーツの「メイド トゥ メジャー」専用フィッティングルーム&コンサルテーションスペースが設けられ、現在日本で提供されているのは、ここ大阪店だけだ。

photo
photo
prevnext

 「メイド トゥ メジャー」はポール・スミスのクラシックなスーツに、それぞれのパーソナリティを加えることができるサービス。スーツのベースとなるフィットはKENSINGTON、SOHO、NEW FIT(1856)の3型が用意され、2ピースはもちろん3ピースでもオーダー可能。生地は老舗メーカーから厳選した約100種類に加え、ナチュラルストレッチ性と撥水機能を兼ね備えた大人気の機能性トラベルスーツ「A Suit To Travel In」に用いられるウール100%のオリジナル生地も選択できる。その他、ボタンやステッチなどのディテールも細かく指定できるので世界に一着だけのスーツをぜひつくってみてほしい(¥180,000~、納期は約6週間)

 店内にはいたるところに世界中から集められたユニークな家具が配置されているほか、ポール・スミス氏こだわりのフィッティングルームでの時間もぜひ堪能してもらいたい。

 そして、お会計のときまでも楽しみは続く。キャッシュデスク背面のアートウォールにはジョルジュ・ブラック、アンリ・マティス、ジョアン・ミロなどポール・スミス氏の愛する画家たちのプリントが所狭しと飾られている。

トートバッグ ¥12,000

シャツ ¥24,000

コート ¥180,000

ニットパーカ ¥60,000

ジーンズ ¥32,000

prevnext

 もちろん、大阪店でしか買えないエクスクルーシブアイテムも多数用意。19年秋冬コレクションのキープリントの一部として登場するレオパード柄があしらわれたトートバッグ(¥12,000)やシャツ(¥24,000)、同柄がライナーにプリントされたカシミヤ100%のコート(¥180,000)、同じくカシミヤ100%のニットパーカ(¥60,000)、ウエストパッチにさりげなくレオパード柄が刻印されたジーンズ(¥32,000)など(すべて税抜き価格)。全国の40歳男子よ、渾身の世界を体感しにポール・スミス大阪店に出かけよう!


ポール・スミス大阪店
大阪府大阪市中央区南船場3-10-19
TEL:06-6241-2330
営業時間:11時~20時 水曜不定休

ポールスミス公式サイトはこちら


Photos&Videographer:Teppei Hoshida
Movie Editor:Kosuke Usui[BYNAZAR]