アメリカの老舗ワークシューズメーカー、RED WING(レッド・ウィング)が人気再燃。’90年代に一世を風靡した代表モデル「アイリッシュセッター」をはじめ、40歳男子には懐かしいラギッドな雰囲気がコーディネートを一変させる。今季オススメはこの“黒い”6選!

RED WING×FREAK’S STORE Irish Setter 6″ Moc-toe

ガラスレザーでちょっと上品に進化

こちらは「アイリッシュセッター」を光沢のあるガラスレザー仕様にしたフリークス ストア別注。ブーツならではの男らしさと素材の上品さが絶妙なバランスで融合。¥39,800/レッド・ウィング×フリークス ストア(フリークス ストア渋谷)


RED WING×BEAUTY&YOUTH Round-toe

オールブラックが生み出すモダンな佇まい

プレーントウモデルのアイレットを一つ増やし、毛足の長いスエードに変更した一足。オールブラックになることで、よりソリッドな印象に。11月発売予定。¥36,000/レッド・ウィング×ビューティ&ユース(ユナイテッドアローズ お客様相談室)


RED WING×SHIPS Irish Setter Oxford

短靴&ブラックスエードで挑戦しやすい

「アイリッシュセッター」のオックスフォードタイプがブラックスエードになったシップス別注。「レクタングル・バータック」という長方形ステッチなど古いディテールを再現している。¥39,600/レッド・ウィング×シップス(シップス 銀座店)


SuperSole 6″ Moc-toe

剛健なルックスだけど、意外と履きやすい

控えめな光沢が男らしい「スーパーソール」。靴底に発泡ウレタンが使われることで、見かけによらず軽量かつクッション性に優れている。ほかのモデルよりリーズナブルなのも魅力。¥28,700/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン)


Postman Oxford

気張らずに履けるポストマン・シューズ

レッド・ウィングこそが「ポストマン・シューズ」の元祖。こちらはスムースレザーをラフアウトレザーに替えたモデルで、よりカジュアルに履ける。ソールのクッション性の高さも魅力。¥35,000/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン)


1930s Sport Oxford

スニーカーの延長で履けるスポーティな革靴

グリップ力の強いアウトドア用ソールが使われるなど快適な履き心地が追求されたスポーティなモデル。先芯のないモックトウやグリップ力の高いソールでアクティブな動きに対応。¥37,000/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン)


シップス 銀座店 TEL:03-3564-5547
フリークス ストア渋谷 TEL:03-6415-7728
ユナイテッドアローズ お客様相談室 TEL:0120-011-031
レッド・ウィング・ジャパン TEL:03-5791-3280

Photos:Yoshio Kato
Stylist:Takeshi Toyoshima