洗練されたレザーアイテムを多く生み出してきたエンダースキーマ、そして男女ともに世界中にファンが多いシューズブランドのドクターマーチン。両ブランドが一体となり、ドクターマーチンのアイコニックモデルである「1461」を再構築した全く新しい2つのシューズを完成させた。

1つ目のモデルはドクターマーチンにより生産された「1461 Hender Scheme」。イギリス・ウォラストンの職人が手がけたイングランド製だ。キルト、ヒール部分、シューレースのレザーには、エンダースキーマのトレードマークであるナチュラルカラーのベジタブルタンニンレザーを使用。味わいを増すレザーの経年変化を楽しむことができる。また、キルトはブラックとナチュラルで付替可能なのも嬉しい。

そして、もう1つのモデルは、エンダースキーマが生産する「manual industrial products 21 × Dr. Martens」。エンダースキーマのオマージュコレクションとしても知られる「manual industrial products」ラインの「公式二次創作物」として、同ブランドの職人により東京・浅草で生産された日本製だ。ドクターマーチンのアイコニックなエアクッションソールをマッケイ製法による堅牢なウォーターバッファローのレザーソールで再構築。ソールの側面に凹凸を出すことで、オリジナルのソールエッジにおける溝の意匠を忠実に再現している。また、ドクターマーチンといえばイエローカラーが特徴のウェルトステッチ、それを同モデルではホワイトで表現した。

販売は2019年9月28日(土)からスタート。日本と英国のシューズブランドが初タッグを組んだ、美しいフォルムと肌馴染みの良いレザーが織りなすコラボレーションをお楽しみあれ!


(問い合わせ先)
スキマ 恵比寿 TEL:03-6447-7448

※モデルによって取扱店舗が異なるため、詳細はHender Scheme.comのNEWSページ、または上記までお問い合わせください。