Kaj Franckのヴィンテージの器のセット/合計¥97,000

ヴィンテージならではの異彩を放つ風合い

池田尚輝さん/スタイリスト
フィンランドデザインの良心として知られる巨匠カイ・フランクが手がけたプロダクト。「シンプルなデザインだけど、独特の生産方法から生まれる“ゆがみ”が好きで、あえて新品ではなくヴィンテージを。今はまだそこまで知れ渡ってないけど、いつ価格が高騰してもおかしくない」。ヴィンテージのガラスボウル¥36,000・ピッチャー¥45,000・グラス(各)¥8,000/カイ・フランク(コール)


E.B. Meyrowitzの「Marcel」/¥63,000

年齢を重ねた今ならきっと似合うはず

ソリマチアキラさん/イラストレーター
1875年創業のパリの老舗、E.B. メロヴィッツ。「マルセル」は1950年代に劇作家のマルセル・アシャールが着用していたモデルだ。「今はこのブランドのボストン型を愛用中なのですが、自分も年齢を重ねて風貌が変わってきたこともあり、新しい感覚のメガネにしてもいいかなと。少しクセのあるラウンドフレームも、そろそろかけこなせるかもしれません」。/E.B. メロヴィッツ(ブリンク外苑前)


Sonosの 「Three Room Set with Beam and 2 Ones」/¥94,400

その素晴らしい実力はすでに経験ずみ

梶原由景さん/ロウアーケース 代表
「最近テレビを有機ELに替えたのを機に、ワイヤレスでサラウンドシステムを堪能できるサウンドバーに興味津々。ソノスはコンパクトスピーカーではナンバーワンの音質と利便性を備えていて、すでに僕は自宅でもオフィスでも愛用中なので、やっぱり今回もソノス一択。個人的には旅行に持っていける、もっと小さいものも出してほしいと思っているんですが」。/ソノス(ソノス ジャパン)


Hans J. Wegnerの「CH24 Yチェア」/¥84,000〜

親子二代にわたる(?)物欲がやっと解消されそう

浅本 充さん/フードディレクター
「北欧家具の世界に入り込むきっかけとなったハンス・J・ウェグナー。代表作ともいえるYチェアは購入時期を以前から見計らってました。そんな中、息子が誕生し、腰が据わり始めるのが増税前の時期。息子のファーストチェアとして兼用したい」。/カール・ハンセン&サン(カール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア東京)


LEONARDO OFFICINA ITALIANAの「フローレ エメラルドブルー 万年筆 細字」/¥30,000

日本での正規展開がようやくスタート

佐藤達郎さん/デルフォニックス 代表
世界一美しいといわれるアマルフィ海岸の情景をイメージして作られた万年筆シリーズ。「地中海のブルーを思わせるような、美しいレジンの色が本当に素晴らしい。日本での展開を長らく待っていましたが、ついに発売が決定。これはぜひ手に入れておきたい」。/レオナルド オフィチーナ イタリアーナ(ダイヤモンド)


カール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア東京 TEL:03-5413-5421
コール TEL:03-6825-3733
ソノス ジャパン https://www.sonos.com/ja-jp/home
ダイヤモンド TEL:06-6262-0061
ブリンク外苑前 TEL:03-5775-7525

Photos:Kazumasa Takeuchi[STUH] 
Stylist:Takeshi Toyoshima
Composition&Text:Jun Namekata[The VOICE]