ワークパンツだからモダンに見える

市之瀬智博さん (44歳/チャオパニック ディレクター)
「これはディッキーズのワークパンツの定番『874』。白のストレートシルエットだけど、ワークならではのカジュアルさが艶っぽさを感じさせない。コンサバなイメージがあるタックインも、オーバーサイズの柄シャツをブラウジングさせれば今っぽくまとまります」。


オールホワイトでシルエットを今っぽく!

大崎徳秀さん(45歳/インテリア関係)
白パンは一点投入するよりも、思い切ってオールホワイトにしたほうがモードに見える。「オーラリーのワイドパンツと肩の落ちたジル サンダーのシャツでゆったりとしたシルエットに。少し白の濃淡を変えているのもポイントです」。


「かっちりしすぎない」が脱コンサバのキーワード

渡辺高さん(44歳/PRプランナー) 
白メインの着こなしをラフに着崩した渡辺さん。「白のスラックスだとコンサバに見えやすいけど、ワイドショーツならカジュアルに見せるのに効果的です。夏らしくアロハシャツとクルーネックのTシャツをレイヤードして抜け感をアピール」。


ミリタリースタイルは白パンでモディファイ

光金雄太さん(30歳/会社員) 
「ロング丈のミリタリーシャツに古着の白パンを合わせました。ミリタリーとホワイトって実はかなり相性がよくて、クリーンにまとまるんですよね。パンツもクッションさせて、上下ともにゆったりと着ます」。ジル サンダーのバッグが引き締め役。


Photos:Ryuta Seki Mitsuo Kijima Kanta Matsubayashi Erina Takahashi Mao Nakazawa Yuumi Hosoya
Composition&Text:Yuho Nomura