嫌みなく、上品に首元をアレンジ

中室太輔さん(38歳/ムロフィス ディレクター)
「アクセサリーもいいですが、首元を上品に盛れて、キャラづくりができるのはスカーフがいちばんじゃないかなと思っています(笑)。ただあまり主張が強すぎるものだと、トラッドスタイルそのものが崩れてしまうので、Tシャツと同色のスカーフを選んでバランスをとっています」。

シンプルな装いにさりげなくきかせる

富永広起さん(32歳/TNP 企画)
「無地のTシャツにサンダルのシンプルな着こなしだと、どうしてもラフに見えてしまう。そこでディオールのヴィンテージバンダナをアクセントに取り入れました。ポイントはクラシックなネクタイ巻き。印象がガラッと変わりますよ」。ダークトーンなスタイリングの差し色としても効果的。

エルメスのスカーフを一点投入

熊谷富士喜さん(33歳/カーニー デザイナー)
シャツの襟元にエルメスのスカーフを巻いて、奥行きのある首元を演出。「僕の場合、アクセントというよりも肌が弱い体質なので、その対策としてコットン素材のスカーフを首に巻くことが多いです。普段あまり身につけないエルメスを選べば、気分もアガります」。


Photos:Ryuta Seki
Composition&Text:Yuho Nomura