デコラティブだけど
上品なデザインが決め手

池田尚輝さん(スタイリスト)

「前掛けのような布地がショーツの前面に垂れた個性的なデザインや、スリット入りのディテールなどに惹かれたセブン バイ セブンの一本。歩いているとふわりと揺れて表情の変化を楽しめるんです」と話す池田さん。独特の光沢をもったコットンシャンブレーの素材は夏にぴったり。品のある大人のワントーンスタイルでまとめた。


子どもっぽく見せない秘訣は
ドレス仕立てのショーツ選び

澤村泰介さん(吾亦紅 ディレクター)

「ショーツをはくときは必ず長袖シャツとの合わせを心がけています。足元にはグルカサンダルを選んで、品のある着こなしを意識することも大事」という澤村さん。膝下まで伸びたルメールのショーツは存在感があり、ドレッシーな装いに見せてくれる。ゲーエムベーハーのクリーンな柄シャツとのマッチングも絶妙だ。


スポーティすぎない
大人のラフなショーツスタイル

桑原健太郎さん(ループス ディレクター)

DETAIL

ロトルのジャージー素材のショーツは両サイドにスナップボタンがついていて、やや長めの丈感がよりリラックスした雰囲気をつくる。トップスはキッチリめを意識して、半袖のポロシャツをチョイス。年相応のショーツスタイルの好例だ。「ビッグシルエットのアイテムをブラックでまとめて、大人らしい印象に仕上げました」。


Photos:Ryuta Seki 
Composition&Text:Yuho Nomura