スラックスにタックインで
品よく仕上げました

管野寿哉さん(YSTRDY’s TMRRW デザイナー)

DETAIL

「イエスタデイズ トゥモローの派手なピンクのアロハシャツには、その引き締め役として落ち着きのあるスラックスを選ぶのがマイルール。一方で足元はラフにサンダルを合わせているのもポイントですね」という管野さんは、前後で丈の長さが異なるシャツの特徴を生かし、フロントのみタックイン。品のよさは保ちつつリラックスした雰囲気が漂う。


ネイビーでまとめて
全体を落ち着きのある印象に

町田康弘さん(ビューティ&ユース デザイナー)

「夏らしく爽やかなブルー系でまとめつつ、ビューティ&ユースのアロハシャツっぽくない柄をチョイスしました。同系色なので派手さが抑えられ、街着としても馴染んでくれます」と町田さん。全体をオーバーサイズで合わせることで、艶っぽさを軽減した。さらに足元は、大人顔なJMウエストンのヨットをセレクトしている。


パステル調のやわらかい色合いが
リゾート感を薄めてくれます

宝蔵寺 亮さん(博報堂マグネット コミュニケーションプランナー)

今季のトレンドでもある多色使い。フラグスタフのシャツの柄やスニーカーにパステルカラーをうまくちりばめて、クリーンな印象に。長身を生かしたジャストサイズのアイテム選びもポイントだ。「今年はアロハシャツをはじめ、柄のアイテムが豊作。特にホワイトベースで淡いカラーリング、アロハらしくないグラフィックが好みです」。


Photos:Ryuta Seki 
Composition&Text:Yuho Nomura