Courtesy of Getty for Gucci

コスチューム・インスティテュート・ガラ(通称:METガラ)は、『Vogue』誌編集長のアナ・ウィンターが主催者を務める年に一度のファッションの祭典。その主目的はメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティテュートの資金調達であり、同美術館で開催されるファッション展覧会のオープニングイベントとなっている。今年のテーマは「Camp:Notes on Fashion(キャンプ:ファッションについてのノート)」で、この“キャンプ”は「気取った、大げさな、わざとらしい」といった意味。ホストのレディー・ガガ始め、世界的セレブたちが個性的な衣装で多数参戦した。

オスカーなどでは黒のタキシードが多い男性セレブも、この時ばかりは思い思いのスタイルを披露。上の写真は、展示のスポンサーを務めるグッチに身を包んだ、共同ホストのハリー・スタイルズ(右)とグッチ クリエイティブディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(左)。シースルーの中性的なスタイルも、美形のハリーによく似合う!?

Courtesy of Getty for Gucci

一番の話題は自分の生首!?のレプリカを携えた俳優のジャレッド・レト。クリスタルとメタルのボディアクセサリーが輝くグッチのドレスで。

© Louis Vuitton

ミュージシャンのジョー・ジョナスは、女優のソフィー・ターナーとともにルイ・ヴィトンで登場。ブラックベースながら、カラフルなプリントが印象的。

©Dior

ラッパーのトラヴィス・スコットは、キム・ジョーンズのクリエイションによるディオールのコンバットベストを着用。

© Louis Vuitton

俳優のジャスティン・セローはルイ・ヴィトン。黒のジャケット&パンツながら、襟裏の柄を覗かせたり、レザーを用いたり細かなこだわりで。

Courtesy of Getty for Gucci

グッチとのコラボレーションで知られるハーレムの伝説的ショップオーナー、ダッパー・ダン。ラグジュアリーながらヒップホップのマインドも感じさせるさすがの着こなし。

©Coach

コーチ メンズウェアのグローバルな顔を務める、俳優兼プロデューサーのマイケル・B・ジョーダンはもちろんコーチのカスタムルック。サテンやスパンコールがきらめくタキシードコートで大人っぽくゴージャスに。

©Dior

おなじみVERBAL氏はディオールのレザーコートで、シンプルながらも力強い着こなしを披露。

動画には、太陽神(?)の姿で半裸の男たちに担がれるビリー・ポーターや、レディー・ガガ&ジェニファー・ロペスの“脱いでもスゴイ”着こなしを収録。こちらも是非!

SHARE