1.渋谷/ARTのスウェットパーカ

渋谷寄りの青山通りから脇道に入り、上を見上げるとアーティスト木村浩一郎氏のモードなアート作品が目に入る。階段を上がると入り口に自転車が置かれたギャラリーのようなショップだった。ここはコム デ ギャルソンで経験を積んだ「アンソロジー」デザイナー小川圭司氏が手がけるセレクトショップ。コンセプトどおり感性が刺激される服が多い中、アート作品をプリントするのではなく「ART」という言葉自体をデザインして刺繡した“アートパーカ”がクールだ。パーカ¥8,500/ART●東京都渋谷区渋谷2の8の2 2階 TEL:03-6874-6347 営業時間:12時~20時 不定休

2.恵比寿/Pt.Alfredのチノクロスパンツ

こだわりのチノパンを売るためにお店を始めたという恵比寿の老舗セレクトショップの名物チノパン。ゆるやかにテーパードした美シルエットにファンが多いが、ノンテーパードのストレートも武骨でいい感じ。打ち込みが細かく、高密度で膝の出ないしっかりとした生地でもちろん日本製。チノパンに合う、トラッド好きな大人の欲求を満たしてくれるブランドも多数セレクトされている。25年以上も支持され続けるパンツ、ワードローブに必要だ。パンツ¥15,000/Pt.Alfred●東京都渋谷区恵比寿西2の4の5 2階 TEL:03-3477-7952 営業時間:12時~20時 火・水休

3.代々木上原/タテイスカンナの蚊が来ないTシャツ

古民家を改装したお店で、オリジナルブランドの一つ「アンチーウェザーズ」の“アンチーモスキート Tシャツ”を発見。夏に悩ましい蚊を寄せつけない代物だ。人体に無害な有効成分を特殊製法によりマイクロカプセルに包み込み、それをしっかりと繊維の奥に定着するよう加工されている(50回くらいの洗濯なら効果が持続)。存在感のあるバインダーネックだが、蚊に対しては存在感を消すある種の機能美がいい。Tシャツ¥4,900/アンチーウェザーズ(タテイスカンナ)●東京都渋谷区上原1の23の12 TEL:03-6804-9838 営業時間:11時~20時、日曜・祝日~18時 無休

4.中目黒/BAMBOO SHOOTSの開襟チェックシャツ

アウトドアファッションを愛する大人の聖地となっているバンブーシュート。ディレクターの甲斐一彦氏が2017年春夏にひそかにスタートさせたオリジナルブランドは、氏の心を突き動かした古着をベースに現代的に再編集されたベーシックなワードローブが揃う。ヴィンテージライクなチェック柄の開襟シャツの首元は控えめな開き加減で、胸ポケットとボディの柄合わせも完璧。モダンな佇まいのアウトドアウェアとして右に出るものナシだ。シャツ¥14,000/バンブーシュート●東京都目黒区上目黒1の5の10 107号 TEL:03-5720-1677 営業時間:11時~20時 不定休


Photos:Keita Goto
Stylist:Junichi Nishimata