スポーティなボーダー柄のコットンリブニットを、アイスグレーのワイドパンツでクリーンに着こなす。ボディと袖でボーダーのピッチが異なるのは珍しくないけれど、これは左右の袖のピッチまでもが違っている。黒のスニーカー「BIG FOOT」は日本だけの別注カラーだ。ニット¥72,000・パンツ¥80,000・スニーカー¥71,000/マルニ(マルニ 表参道)

ドロップショルダーと切りっぱなしの裾のディテールによりストリートの空気をまとったタータンチェックシャツは、レイヤードだって大胆に。首にドローストリングがついたアシンメトリーのプルオーバーシャツを重ねて、トライバルなエッセンスを加えた。シャツ¥77,000・半袖のプルオーバーシャツ¥55,000・パンツ¥64,000/マルニ(マルニ 表参道)

青みがかったグリーンが印象的なシャツとパンツのセットアップ。インはTシャツでもいいけれど、鮮やかなイエローのハーフジップニットでスポーツミックスするとモードにまとまる。多色使いのソックス&サンダルで足元にリズム感をプラス。シャツ¥55,000・ニット¥67,000・パンツ¥64,000・ソックス¥15,000・サンダル¥57,000/マルニ(マルニ 表参道)

シャツ地とジャージーのコンビになったベースボールシャツと、極端に袖が長いレトロなボーダーTをレイヤード。一見オーセンティックなスニーカーは新作の「パブロ」。トウに向かってソールが厚くなるユニークなデザインで、黒×白は日本別注カラー。シャツ¥101,000・カットソー¥49,000・パンツ¥64,000・スニーカー¥73,000/マルニ(マルニ 表参道)

マルニが提案する重ね着のアイデアは尽きない。グラデーションストライプのシャツにペパーミント色のモヘアニットを重ねた、’70sムード漂う着こなし。ニットとパンツを同系色で合わせて、襟、袖、裾の要所要所にストライプをのぞかせることでコーディネートにメリハリが生まれる。ニット¥60,000・シャツ¥55,000・パンツ¥64,000/マルニ(マルニ 表参道)

これでもか、というくらいに色や柄で遊ぶのがマルニらしさとはいえ、たまにはさらっとシャツ一枚で過ごす日があってもいい。形は今どきのビッグサイズ。だけど上品なコットンポプリン素材と繊細なピンストライプの効果で印象はとても軽やか。袖はロールアップ、ボタンダウンは外してラフに。シャツ¥62,000・パンツ¥80,000/マルニ(マルニ 表参道)


妻夫木 聡 Satoshi Tsumabuki
俳優。1980年生まれ。主演舞台『キネマと恋人』(6月8日~23日、東京・世田谷パブリックシアター。その後、全国5カ所で地方公演)、日台合作の主演映画『パラダイス・ネクスト』(7月27日公開予定)が控え、2019年も幅広く活躍中。

マルニ 表参道 TEL:03-3403-8660


Model:Satoshi Tsumabuki
Photos:Go Tanabe
Movie:Atsushi Tanizawa[TOPGEAR WORKS]
Hair&Make-up:Katsuhiko Yuhmi[THYMON]
Stylist:Toshihiro Oku