スパイク・リーとマイケル・B・ジョーダンという、米国映画界への挑戦と再定義に挑む2人が結集したコーチのショートフィルム〝Words Matter〟。ロサンゼルス郊外の荒野で撮影され、インクルージョン(包括性)、オプティミズム(前向きな姿勢)、勇気といったコーチの世界観を伝える力強くも詩的な物語になっている。

「コーチのこのショートフィルムで、伝説的なスパイク・リー監督とコラボレートできたことは感動的な体験でした。スパイク・リー監督の芸術は何十年にわたって文化の様相を変化させてきました。このショートフィルムの力強いメッセージはもちろん、私と同じように、こういった物語を世界に広めることを大切に思っているブランドと一緒に仕事ができることを誇りに思っています」(マイケル・B・ジョーダン)

「マイケル・B・ジョーダンとコーチというそれぞれの分野における巨星とコラボレートできて光栄です。荒野での撮影はまさに魔法のように素晴らしい一日でした。ぜひ楽しんでください」(スパイク・リー)

さらに公式サイトでは、スパイク・リー監督の子供たち、サッチェル&ジャクソン・リーや、アーティストのWhIsBe(ウィズビー)、NBA選手のスペンサー・ディンウィディーらが出演し、心に響く言葉を投げかけるビデオシリーズも公開中。なぜ言葉が重要なのか? #WordsMatterに参加して、自分の言葉も発信してみては。


コーチ・カスタマーサービス・ジャパン
TEL:0120-556-750
www.coach.com