POST JUNK

独自のラインナップで、
変わった古着に出会えるサイト

柳 雅幸さん(メイデン・カンパニー プレス)
「いい意味で“おかしな”古着が見つかる日本のサイトです(笑)。『こんなのどこで見つかるんだ』というような珍しいディテールのウェアばかりがここには揃っています。例えば、フロントにヘインズのロゴが大きくプリントされたTシャツだったり…そんな生産背景が読めないウェアを時代をまたいでセレクトする独自の目線がいいんですよね」

「ハズシのためのいなたいアイテムを見つけるにはここがいちばん。写真のような凝った刺繡が施されたシャンブレーシャツやダメージ入りスウェット、ギャバジン素材でフレアのリーバイスをポチってしまいました」(私物)


PRESENT & CORRECT

グラフィックデザイナーが主宰する
ロンドン発の文房具サイト

力石恒元さん(エディター)
「ヴィンテージからチープなものまで横断的にヨーロッパの名品を集めた文具サイト。さらに、運営するグラフィックデザイナー本人が考案したオリジナル商品もあります。アイテムの撮り方がおしゃれなんですよね。文具店では見落としてしまう有名ブランドの逸品にここで気づくことも。文房具フリークとしてはずっと見ていられるサイトです」

「ミュンヘンオリンピックの公式ペンにもなった『カヴェコ』。ブランド自体はもちろん知っていましたが、この“パケオ”というモデルの復刻版は、このサイトでセレクトされていたから出会えた一本です」(私物)


Stylin ONLINE

日本未上陸プリントが見つかる
映画Tシャツサイト

森山真司さん(ディストリクト セールスパーソン)
「映画やアニメのプリントTを専門に扱うアメリカのサイトで、10年以上前からここで大好きな『スター・ウォーズ』のプリントTやスウェットをディグっています。日本では出回っていない珍しいものも結構あるんですよ…。最近はPayPal連動で便利になったので、ポチる頻度も高くなってしまいました(笑)」

「旧三部作のアイテムを中心に購入。毎年、5月4日は『スター・ウォーズの日』なんですが、去年はここで買った総柄スウェットを着ました」(私物)


Photos:Yuichi Sugita
Composition&Text:Takako Nagai