「股上の深さと自然に見える太さ。
僕にとっての理想形です」

Universal Works.の
ダブルプリーツパンツ

柳 雅幸さん(メイデン・カンパニー プレス)
「ウエストが高いわりに腰位置の低い胴長体型で、リーバイス501のようなパンツが似合わないんです。そんな僕にとって、デニム代わりとも言えるパンツが、このネイビースラックス。自分にぴったりの股上の深さと、いい意味で普通なシルエットが素晴らしい。サイドに縫い目のないシームレスの仕立てなので肌あたりもよく、はき着心地は抜群です。素材違いを4シーズン連続で購入しています」。¥22,000/ユニバーサルワークス(メイデン・カンパニー)


「快適で体型も気にならない
やみつきイージースラックス」

monkey timeの
ワイド1プリーツイージーパンツ

児玉孝志さん(ビューティ&ユース PR)
「3年前からはき続けているのがこのモンキータイムのパンツ。スラックスだけどイージー仕様という中間的なパンツで、はき心地のよさと適度な上品さを併せ持っているのがいい。夏はポリエステル混のウール素材、冬はツイル素材で展開していて、今日は暖かいツイルを着用。フォーマルなスラックスではないので、コーチジャケットのような日常着に馴染ませやすく、それでいて大人らしく仕上がります」。¥14,800/モンキータイム(モンキータイム 原宿店)


「10年間はき続けている
最高のフレアパンツ」

Wranglerの
ランチャードレスジーンズ

西又潤一さん(スタイリスト)
「かつて原宿のサンタモニカで購入して以来、これを超えるフレアパンツに出会えていないんですよね。これくらいの“わずかなフレア”はほかにどこにもなく、絶妙なシルエットだからトレンドに左右されず、10年はき続けられました。若い頃はスニーカーに合わせるスタイルを好んでいましたが、今はもっぱらクラークスばっかりですね」。¥7,000/ラングラー(cocochiya)


「抜け感と上品さを兼ね備えているので、
どんなトップスでも大丈夫!」

COMOLIの
ツータックスラックス

豊島 猛さん(スタイリスト)
「4シーズン前に定番のセットアップを購入したのですが、そのパンツが単品でも使いやすかったんです。フーディやほっこりしたローゲージニットに馴染む一方で、ハイゲージの上品なニットに合わせてもシックにまとまる絶妙なデザイン。ダブル裾もブーツにワンクッション、スニーカーにノークッションくらいではくと調子がいい。まさに万能トラウザーズです」。¥36,000/コモリ(ワグ インク)


「毎シーズン、どんな生地で
リリースされるか楽しみです」

THE GIGIのトラウザーズ

新井慶太さん(バーニーズ ニューヨーク PR)
「2014年から欠かさず購入している理由は、自分の体型に合うシルエットと毎シーズン更新される独自の素材の面白さ。わたり幅があるキャロットフィットは、長くサッカーをしていて筋肉質な自分にぴったり。今季のモデルはコットンシアサッカー素材で、軽い肌あたりと適度なカジュアル感を与えるシワの出方が気に入りました」。¥39,000/ザ・ジジ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)


cocochiya TEL:0256-78-8889
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL:0120-137-007
メイデン・カンパニー TEL:03-5410-9777
モンキータイム 原宿店 TEL:03-5464-2773
ワグ インク TEL:03-5791-1501

Photos:Takahiro Idenoshita Akiko Miyamoto
Composition&Text:Takako Nagai