今、ジーンズをはくなら…

MARNI のクリアなインディゴ

(右)久々はきたいと思ったジーンズは武骨で男くさいインディゴとは真逆の、繊細で優しい雰囲気の薄口だった。例えばマルニの新作はウォッシュドではないパリッとした質感なのに、空のように澄んだインディゴが魅力。ちょっと寸足らずな丈も相まって、ジーンズをはいてもかわいげのあるスタイルに。

ジーンズ¥55,000・シャツ¥55,000/マルニ(マルニジャパン) シューズ¥22,000/ドクターマーチン(スティーブン アラン トーキョー)

WELLDERのまろやかなインディゴ

(左)今季デビューした日本ブランド、ウェルダーの一本も負けていない。より滑らかかつ均一なインディゴで腰まわりから腿にかけてゆとりがあるので、全体的に丸い印象。ジーンズでありながらスウェットのような佇まいでモダンさもあり、新定番の予感しかしない。

ジーンズ¥23,000/ウェルダー(クリップ クロップ) シャツ¥35,000/サルトリアル モンク(ランド オブ トゥモロー 丸の内店) スニーカー¥36,000/カンペール・ラボ(Diptrics)

ジーンズ以外をはくなら…

CARUSOのデニムスラックス

(右)ユナイテッドアローズがカルーゾに製作を依頼したスラックスはワンタックのストレートシルエットが新鮮。やや明るめのインディゴはドレススタイルはもちろん、カジュアルスタイルも格上げする。

パンツ¥37,000/カルーゾ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) スウェット¥18,000/エイチ ビューティ&ユース Tシャツ¥9,000/トゥモローランド シューズ¥22,000/ドクターマーチン(スティーブン アラン トーキョー)

Cellar Doorのデニムペインターパンツ

(左)右サイドにハンマーポケットのついたチノタイプのデニムペインターパンツだって、澄んだインディゴならエレガント。テーパードなしのドカン型ながら、セラー ドアーらしく、ワンクッションの美しいシルエットだ。黒などの濃いトップスと好相性。

パンツ¥38,000(予価)/セラー ドアー(ビショップ) ニット¥32,000・半袖ニットポロシャツ¥32,000/サンスペル(サンスペル 表参道) スニーカー¥36,000/カンペール・ラボ(Diptrics)


エイチ ビューティ&ユース TEL:03-6438-5230
クリップ クロップ TEL:03-5793-8588
サンスペル 表参道 TEL:03-3406-7377
スティーブン アラン トーキョー TEL:03-5428-4747
Diptrics TEL:03-5464-8736
トゥモローランド TEL:0120-983-522
ビショップ TEL:03-5775-3266
マルニジャパン TEL:03-6416-5486
ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180
ランド オブ トゥモロー 丸の内店 TEL:03-3217-2855

Photos:Keita Goto
Hair:HORI[bNm]
Stylist:Junichi Nishimata
Models:Hideki Asahina Ryohei Yamada