加藤英輔さん(38歳/ワイルド ライフ テーラー 恵比寿 ショップマネージャー)


「ラフにはおれるAラインが好み」だというカルーゾのステンカラーコートは、モダンな印象のネイビーを選択。リラックス感が出るようバトナーのニットを合わせつつも、ヴィンテージのストールや革靴でコートの上品な世界観をキープ。

与那嶺泰斗さん(31歳/ブルーム&ブランチ トウキョウ ショップマネージャー)


柔らかなヘリンボーン生地のコートは人気の「フランネル」。「クラシックになりすぎないシルエットがいいですね。ワイドパンツとも自然に馴染みます!」。襟元からのぞくハウリンのタートルニットがアクセント。

大畑広志さん(40歳/八木通商PR マネージャー)


グレーを軸にした大人トラッドな着こなしの主役にマッキントッシュの千鳥格子柄のコートを。今っぽいサイズ感だからこそ、オーセンティックなリーバイスのデニムやルトロワのニット、パラブーツの靴で上品に。

石田達也さん(33歳/スティーブン アラン トーキョー スタッフ)


アナトミカのコートは美しく広がるAラインが特徴的。「クラシックなヘリンボーン柄が今の気分を盛り上げてくれます」。カジュアルなウール地のカットソーでリラックス感を演出したのもポイント。

爪川智晶さん(41歳/マッキントッシュ青山店 店長)


マッキントッシュのコートにシャープなスラックス。シルエットに緩急をつけるだけでスマートに。ラフにひと巻きしたタータンチェックの大判ストールもマッキントッシュ。このひと工夫でコンサバな着こなしに抜け感が生まれる。

児玉孝志さん(34歳/ビューティ&ユース プレス)


「ぶかっと着られるコートが好きで今年はそれが加速。ダブルブレストを選びました」。英国調の渋いガンクラブチェックも、裏返しに着たエイチ ビューティ&ユースのパーカとスニーカーでカジュアルに味つけ。


Photos:Yuya Iwaki 
Text:Misato Kikuchi