LOUIS VUITTON MEN’S SS19
POP-UP STORE

本特集で紹介するウェアと小物は、まずは2019年1月10日からスタートするポップアップストアでのみ販売される。準備は抜かりなく!

住所:東京都渋谷区神宮前6の35の6
開催期間:2019年1月10日(木)〜1月31日(木)
営業時間:11時〜19時
※製品の在庫状況により開催期間が変わる場合があります。
※混雑時は入場規制等を行う場合があります。

ポップアップストアの詳細はこちら>>>


一番人気はスタジャンか?
『オズの魔法使い』にインスピレーションを得た今回のコレクション。アイコニックなブルーのスタジャンには誇らしげに「OZ」のレタリングが。今っぽいルーズなドロップショルダーで、見かけよりだいぶ軽く、着心地も抜群だ。ジャケット¥615,000・Tシャツ¥77,000・パンツ(参考商品)(すべて予価)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)



Tシャツだって普通じゃない
今季のキーワードの一つ、「NOT HOME」のカラフルなプリントと、樹木を文字化したファンタジックな「Louis Vuitton」のエンブロイダリーを重ねたTシャツ。背中には『オズの魔法使い』のキャラクターを描いたプリントがつく。Tシャツ¥77,000・肩に掛けたニット¥140,000(すべて予価)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


ただの懐古趣味とは違う
ウォッシュのきいたデニムに、ハンマーでたたいたかのような荒々しい加工のボタン。ヴィンテージ感満載のジャケットは、インナーにジップアップのジレを取りつけたレイヤード風のデザインが面白い。上下デニムで揃えて’80年代の空気感を楽しみたい。ジャケット¥268,000・Tシャツ¥71,000・ジーンズ¥140,000(すべて予価)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


こんなバッグ、予想できた?
蛍光オレンジのパーツに「ひと目でやられてしまった」人も多いはず。メゾンの象徴である「モノグラム」のトランクが、鮮烈な印象のメッセンジャーバッグに生まれ変わった。オーバーサイズのフーディと合わせることでハイブリッドな着こなしが完成。パーカ¥331,000・Tシャツ¥77,000・パンツ¥140,000・バッグ〈仕様変更あり〉¥372,000(すべて予価)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


男が着たい花柄の正解
『オズの魔法使い』の主人公であるドロシーが、ポピー畑で眠る写真を全面にプリントしたアノラックタイプのウインドブレーカー。男らしいブラックのジップとのコントラストがモダン。パーカ¥457,000・Tシャツ¥77,000・パンツ¥140,000・スニーカー¥117,000・バッグ¥147,000(すべて予価)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


新しすぎるボディバッグ
縦と横、十字にクロスした2本のストラップで「装着する」ハーネスのようなボディバッグは、シンプルな着こなしを瞬時に最先端のルックへ進化させる。身体にフィットしたデザインは見た目以上に使い勝手もいい。ニット¥140,000・パンツ¥140,000・バッグ〈仕様変更あり〉¥211,000(すべて予価)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)


ルイ・ヴィトン クライアントサービス
TEL:0120-00-1854


 ルイ・ヴィトン公式サイトはこちら

Movie:Iori Ando(TranSe)
Photos:Masaya Takagi
Hair&Make-up:Kenichi Yaguchi
Stylist:Toshihiro Oku
Model:Sonny