尾花大輔さん N.HOOLYWOOD デザイナー

「理想のコートと着続けるコートは違っていいと思う」

ずっと着続けているコート
「MACKINTOSHのバルマカーンコート」

これまで多くのコートを着てきましたが、結果として自分が求めるコートの理想形というのは、“ディテールがシンプルなのに存在感のあるもの”だと思います。ただそのときに思うのは、“理想”のコートと“着続けたい”コートってちょっと違うっていうこと。この古いマッキントッシュのバルマカーンコートは実際に長く“着続けてきた”ものですが、自分が求める理想のコート像とけっしてイコールではない。多分“着続けたい”コートの定義っていうのは本当はなくって、結局、いろんなことを含み“邪魔しない雰囲気がある”ということが僕にとってその要因になるんだと思うんです。これもそう。古いコートのわりには軽くて、自分の体型にもぴったり。古着特有の個性はありつつも、シンプルで何も考えずに自由に着られるのがいいんです(笑)。

この冬探していたコート
「Y’sのモッズコート」

そんな中、展示会で拝見して感銘を受けたのがワイズのモッズコートです。シーズンごとにマイナーチェンジはしながらも定番的に作られているものなのですがクオリティが素晴らしい。細部もしっかり作り込まれていて、ほかのアイテムと比べても存在感が全然違うんです。そして、一過性の流行りとは一線を画す熟成されたビッグシルエットも絶妙。長めの着丈もそのインパクトを後押しする。ほかでは見つからない、理想に近いコートだと思います。 ¥98、000/ワイズ(ワイズ プレスルーム)


ワイズ プレスルーム TEL:03-5463-1540

Photos:Arata Suzuki[go relax E more]
Stylist:Yoshiki Araki[The VOICE]
Composition&Text:Jun Namekata[The VOICE]