試したのはこの3人

増井岳人さん  彫刻家

増井岳人さん/彫刻家

松岡歩さん  三越伊勢丹 紳士担当

松岡歩さん/三越伊勢丹 紳士担当

柳雅幸さん  フリーランス PR

柳雅幸さん/フリーランス PR


最高のテーラーと人気店が手を組んだ

CARUSO × L’ECHOPPE
| チェックシャツ
¥82,500

カルーゾ×レショップ チェックシャツ

老舗テーラーのファブリックを
カジュアルに着崩せる

老舗・カルーゾの高級ウールを使用。

ノスタルジックなチェックを現代的なフォルムで。シャツ¥82,500/カルーゾ(レショップ 青山店) ユーズドのニット¥10,800/3tokyo メガネ¥70,400/10 アイヴァン(アイヴァン PR)


カルーゾ×レショップ チェックシャツ 評価表

ロンTやハイネックを中に着てアウター代わりに
(増井)

カルーゾ×レショップ チェックシャツを着た増井さん

中肉のウールながらドレープが美しい(松岡)

カルーゾ×レショップ チェックシャツを着た松岡さん

チンストラップまで抜かりない(柳)

カルーゾ×レショップ チェックシャツを着た柳さん

増井さん 柳さん 松岡さん歓談

高級シャツなら、着回し力と高揚感を
両立してほしい!

 各々の趣向ごとに個人的ベストの票は割れましたが、総合点ではコレが最高でしたね。

増井 3人ともが高評価でした。サラリと着られる気軽さがあり、気分のアガるチェック。毎朝、思わず手に取る自分が想像できました。

松岡 正直、端正なシャツを求めていた僕にとっては想定外の選択でした。ドレスシャツの対極にあるようなラフな顔つきなのに、確かな上質さにあふれている。ふっくらした膨らみのある中肉のウール、驚くほど軽くやわらかい着心地、繊細な起毛の風合い…これぞイタリアはナポリの生地だな、と。

 そんな老舗の高級生地を、丁寧な縫製で、僕らが着慣れたゆとりあるフォルムに仕上げてくれている。結局こういうのがありがたいんですよね(笑)。

増井 気疲れせずに、ラグジュアリーに浸れますもんね。

 ちなみに「シャツの顔」とも言えるVゾーンは、隠しボタンダウン仕様やチンストラップなど丁寧に作り込まれています。第一ボタンだけ外して抜け感を出してもいいし、すべてのボタンを閉めて襟を立てるのもアリ。アウターとしても着回せます。

増井 サイドポケットや総裏地がついていてシャツブルゾン感覚でもOKですね。難しいことは考えずとも、一枚はおるだけで粋な大人の装いになる。

松岡 この絶妙なチェック柄のおかげで簡単にスタイリングが完成しますね。ブラウンに淡いブルーを差した配色がレトロなムードで素敵。控えめなトーンで、自分のテンションをそっとアゲてくれるかわいい柄です。

 その幸福感って大事。高級だからこそ、たっぷり着回したいし、心から悦に入りたいです。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yuichi Sugita 
Hair&Make-up:Narumi Tsukuba 
Stylist:Masanori Takahashi 
Model:Reiji Kurosawa 
Text:Takako Nagai