予算3万円台以下の長財布&二つ折り財布

※掲載している情報はオリジナル記事作成時のものです。価格改定や売り切れの場合があります。

01.土屋鞄製造所|NUME LONG WALLET

財布の中で最も優雅な形を、ヌメ革で仕立てた長財布。中には、札入れ・小銭入れ・カードホルダー12枚分と、領収書などをしまえるポケット4つを効率的に配置。幅の広い札入れで紙幣を折らずにしまえるため、スマートな会計が可能。シンプルな形の分、ディテールの仕上げが醸し出す品格にこだわりが。鞄のポケットや上着の内ポケットから取り出すたびに、大人の余裕がさり気なく漂うだろう。

¥37,400/土屋鞄製造所


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎



02.Whitehouse Cox×FRAME|MINI 3FOLD WALLET

人気の3つ折り財布をひと回り小さくした「MINI 3FOLD WALLET」。カードポケットの数を減らし、コインケースなど各パーツを、使うときにストレスを感じないように再構築してコンパクト化を実現した。本体にはホワイトハウスコックスを代表するブライドルレザーを使用。その名の通り、乗馬の手綱などに使用される丈夫な革は、革の深部にタロー(獣脂)をじっくり染み込ませるなど時間をかけて仕上げられる。

外装はトレンド感のあるトープ、収納部分はキャメルという配色に、気分も上がる。革だけでなく伝統の手仕事にもこだわるホワイトハウスコックスのSLGは、使い込むほどに風合いを増し愛着が湧く。まさにイギリス革製品の醍醐味を味わえるブランドだ。縦10×横8.5cm コイン入れ1カ所、札入れ1カ所、カードポケット3カ所、フリーポケット2カ所

¥35,200/ホワイトハウスコックス(フレームオンラインショップ)※完売し次第終了


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎


03.Hender Scheme|hairy snap wallet

スタイリッシュなだけでなくユーモアを感じるラインナップでも、おしゃれ好きに愛されるエンダースキーマ。この冬の注目は、ありそうでなかったヘアレザーの二つ折り財布。コイン入れパートは突起のないがま口パーツを用いることで、開け閉めしやすくスリムな仕上がりに。内側はお得意のヌメ革で、「大人のファー財布」に仕上がっている。

コインパートには仕切りがあり、小銭とレシート類と分けることもできて便利。またがま口のデザインもモダンで、開け閉めする感触も楽しい。ベアのようなブラウンのほか、ライムグリーン、ピンクパープル、オレンジと発色の美しいカラーリングや、シックなブラックと全5色展開。財布にも「冬用」をつくりたくなる傑作。縦10×横10×マチ2cm コイン入れ2カ所、札入れ1カ所、カードポケット2カ所、フリーポケット2カ所。

¥39,600/エンダースキーマ(スキマ 合羽橋)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎



04.ERA.×SGGM|WAPROLUX ROUND PALM WALLET

「ともに、時を行く」をコンセプトにレザーグッズ&バッグを展開する日本発のイーラ。上質な素材を使用して、細かい部分に気を配ったシンプルなデザインで人気を博している。セレクトショップ、シルバーアンドゴールドのストアレーベルSGGM (SILVER AND GOLD GENERAL MERCHANDISE)がイーラの定番、ラウンドパームウォレットにカラー別注したのがこちら。外装だけでなく内装も品のいいライトブルーのワントーンで、手にするたびに気分が上がる。

ドイツの名門タンナー、ワインハイマー社の最高級カーフレザー 「ワープロラックス」を使用。コの字型ファスナー開閉でコインケースは大きく箱状に開くボックス型、札入れは左端が振らし設計でコンパクトながら出し入りがしやすい。収納力抜群でコスパ的にもありがたい財布。縦11×横9×マチ2cm コイン入れ1カ所、札入れ1カ所、カードポケット1カ所、フリーポケット2カ所

¥26,400/イーラ×SGGM(シルバーアンドゴールド トーキョー)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎


予算3万円台以下のミニ財布

05.SMYTHSON|Envelope Card Case

イギリス王室御用達の手帳でおなじみ、レザーグッズの老舗ブランドとしても信頼されるスマイソン。ステーショナリーから着想を得たエンベロープ(封筒)型デザインは、シンプルながらひと目でスマイソンとわかるアイコンアイテム。「パナマ」と名付けられたクロスグレインカーフレザーを使用して、職人によるハンドクラフトでつくられる。ステッチやコバ処理がとても丁寧なのも特徴だ。

人気のカードホルダーにスナップボタンのコイン入れが付いた手のひらサイズのウォレット。背面の3つのカードホルダーのほか、トップとコイン入れの背面にフリーポケットがあるので、レシート類も収納できる。ミニバッグやアウターのポケットにも収まりのいいサイズ感で使いやすい。縦8×横10×マチ1.5cm コイン入れ1カ所、カードポケット3カ所、フリーポケット2カ所

¥33,000/スマイソン(ヴァルカナイズ・ロンドン)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎



06.土屋鞄製造所|NUME fastener coin purse

「ヌメ革」の質感を生かしたシンプルなデザインで、手にするほどに愛着が増し色つやよく変化していくNUMEコレクション。この秋、数量限定の新色としてネイビーが加わった。外装にはロゴなどがなく、ステッチを革色と同色にすることで全体をすっきりとした印象に。細部にまで手間をかけ丁寧に仕立てられた革小物は、プライベートはもちろん、ビジネスの場面でも誠実な印象を与えることができる。

手のひらサイズのファスナーコインパースは、蛇腹状の3つのポケットを備えた汎用性の高いデザイン。コの字型ファスナーで大きく開き、中が見やすいのも特徴だ。3室をコイン、紙幣、レシートのように分けて使うことも可能だし、セカンド財布としてコインやカードだけの専用財布にするのもアイデア。縦7.5×横11×マチ2.2cm カードポケット2カ所、フリーポケット3カ所。

¥25,300※数量限定色/土屋鞄製造所


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎


07.L’arcobaleno|Smart Mini Wallet

2016年の発売以来のロングセラー。スマートウォレットの先駆者としても周知のラルコバレーノの中でも最薄の財布。胸ポケットに入るサイズ感でありながら、カード、紙幣、領収書類やコインと必要なものがすべて収納できる。軽量で発色が美しいフランス老舗“アルラン”社のゴートレザーは耐久性に優れ、汚れにくい素材。イタリア語で「虹」を意味するラルコバレーノの、豊富なバイカラーデザインを華やかに彩る。

コイン入れ側に刻印されている「TUTTO IN PELLE FATTO A MANO」は、イタリア語で「オールレザー、オールハンドメイド」を意味する言葉。イタリアの革職人の高い技術が生かされたカードウォレットは、間に2辺が開いたフリーポケットがあり、二つ折りにした紙幣を入れたり、レシート類の収納もしやすい。セカンド財布としても人気。縦12×横8.3×マチ0.5cm コイン入れ1カ所、札入れ1カ所、カードポケット3カ所、フリーポケット1カ所。

¥24,200/ラルコバレーノ(エンメ)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎



08.PORTER|PORTER SPLENDOR WALLET

機能や品質のよさで人気を集めるポーターの財布は、革にこだわったシリーズが充実していることでもファンが多い。今年春に登場した「ポーター スプレンダー」もそのひとつ。イタリア・トスカーナ地方の伝統的な製法でなめし、手間と時間をかけてつくられるバケッタレザーを使用。「空打ち」(ドラム樽の中で革を回転させて自然なシボを生み出す製法)をすることで、独特な風合いがあるシュリンクレザーに仕上げた。

ファスナー仕様のコインポケットを外付けにしたコンパクトな三つ折り財布。大きなレザーの引き手が付き、開けやすく使い勝手のいいデザイン。やわらかくてさわり心地のよいバケッタレザーは、使い込むほどに美しい艶が増すのも特長だ。縦7.8×横11cm コイン入れ1カ所、札入れ1カ所、カードポケット3カ所、フリーポケット3カ所

¥29,150/ポーター(吉田)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎


09.Acne Studios|LEATHER FASTENER WALLET

シルバーロゴが箔押しされたシンプルなファスナーウォレット。ソフトなカーフレザーを使用し、フロントに交通系ICカードなどの収納に便利なチケット用ポケットをあしらっているのが秀逸。ほかでは見ない清涼感のあるパステルグリーンをラインナップしているのもアクネ ストゥディオズらしい。ジーンズのヒップポケットに入れるとチラリと見えて、着こなしのアクセントにもなる。

ファスナー仕様のコインポケットはササマチで大きく開いて見やすく、収納力もたっぷり。裏面にはカードが5枚収納できる。大きなバッグに入れても視認性が高く、見つけやすい。縦7.5×横×13.5cm コイン入れ1カ所、カードポケット6カ所

¥33,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎



10.POSTALCO|Mini Wallet Crossgrain Leather

グッドデザインな文房具でおなじみのポスタルコ。ほかにないフォルムやデザインの財布類にもベストセラーが多く、このクロスグレインレザーのミニウォレットもそのひとつ。表面は菱形の格子模様を型押ししたステアレザー、内側にはきめの細かいカーフスキンを配して、コントラストをつけている。どちらも天然成分を使用しての植物なめしで、使い込むほどに風合いが増す。グリーンのトーン・オン・トーンも上品で美しい。

一般的な名刺入れと同じくらいのサイズ感で、コインポケットの後ろと蓋裏をカードポケットにしたデザイン。背面にも角がきれいにカットされたカードポケットを備える。内側のポケットには紙幣を折り畳んで入れてもよし。出し入れがしやすくデザインされているのも秀逸だ。縦7×横10.5×マチ1cm コイン入れ1カ所、カードポケット3カ所

¥26,400/ポスタルコ(ポスタルコショップ)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎


11.TOMYMADE|LZIP

東京と大阪で10年間、革や鞄職人として経験を積み、2017年に北千住にアトリエを構えて自身のブランド「トミーメイド」を立ち上げた。財布、バッグからインテリア雑貨、オーダーメイドでアート作品なども手がけ、クオリティの高さが評判に。

LZIPに使用されているコードバンは、フランス、スペイン、ポーランドからわずかに手に入る原皮を、日本国内で長い月日をかけて植物性タンニンでなめし、手間をかけたアニリン染めで仕上げる。ものづくりのリレーから生まれる特選素材を、「薄く・小さい」L字ファスナー財布に。内面に3つのカードポケットを備え、仕切りの両サイドスペースに紙幣やレシート類を振り分けて入れることも。シャツの胸ポケットにも入れられる。縦10×横11.5×マチ1.8cm コイン入れ1カ所、カードポケット3カ所

¥38,500/トミーメイド


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎



12.KENSEI YABUNO × PORTER|WALLET

ポーターと日本のアーティスト ケンセイ・ヤブノのコラボレーション。ケンセイ・ヤブノの代表作である黒と白のハンドペイントをプリントされているのが特徴だ。

複数のカード段やファスナーポケットとオープンポケットの2種類の札入を設け、外装に小銭入れを備えた機能的なウォレット。ネックストラップやハンドストラップとして使える取り外し可能なストラップも付属する。(横13×縦10×マチ0cm)

¥27,500/ポーター(吉田)


公式サイトで見る▶︎ 元記事はこちら▶︎