ムッシュ ディオールがショーのたびに身につけていたお守りの花、スズランの刺繡。アーカイブのオートクチュールドレスから着想を得たモチーフで、繊細な色使いと丹精な手仕事が美しい。柔らかなニットとともに幸運の花をまとう。

ニット¥600,000・シャツ¥130,000・パンツ¥260,000/ディオール(クリスチャン ディオール)


ケープにもジャケットにも変形するモダンなアウターなら、メゾンのアイコンであるレオパード柄も取り入れやすい。スポーティなリブパンツやビルケンシュトックとのコラボサンダルで、品よく抜け感をプラス。

ケープジャケット¥450,000・ニットポロ¥230,000・シャツ¥130,000・パンツ¥210,000・ソックス¥89,000(参考価格)・サンダル¥155,000(ハウス オブ ディオール ギンザ限定)/ディオール(クリスチャン ディオール)



襟元にビーズ刺繡を重ねて華やかなドレスアップを。三代目アーティスティック ディレクターであるマルク・ボアンのオートクチュールを参照した手仕事の下からチラリとのぞくのは、ムッシュ ディオールの愛犬“ボビー”。メゾンを象徴する片方の襟を立てたスタイリングで、時を超えるエレガンスを堪能して。

コート¥1,100,000(参考価格)・シャツ¥520,000(参考価格)/ディオール(クリスチャン ディオール)



永山瑛太 Eita Nagayama
1982年東京都生まれ。2001年の俳優デビュー以来、数々のドラマ・映画・舞台に出演し、’22年に短編映画『ありがとう』で監督デビュー。ライカギャラリー東京、ライカプロフェッショナルストア東京にて11月15日まで写真展「永山瑛太、写真」が開催中。

UOMO2022年11月号の購入はこちらから!



amazon
セブンネット書店
Model:Eita Nagayama
Video Director:Taro Usuda
Videographer:Satoki Nakazono
Photos:Takanori Okuwaki[UM]
Hair&Make-up:SHOTARO[sense of humour]
Stylist:Toshihiro Oku
Text:Takako Nagai