LACOSTE × SHIPS|COTTON CARDIGAN

ラコステ_シップス_コラボ別注_カーディガン

カーディガン¥23,100/ラコステ × シップス(シップス 渋谷店)

アクリルをコットンに変えた大人のカーディガン

今季はトレンドカラーを取り入れたラコステ別注が充実! 中でも注目は古着市場でも脚光を浴びるワンポイントロゴのカーディガン。70’sにアメリカ市場で定番展開されたIZOD(アイゾッド)ラコステのアクリルカーディガンを、コットン100%でクラス感のある仕上がりに。薄手の羽織りものとして、オールシーズン使えるアイテムに昇華。



写真のグリーンのほか、ライトブルー、ブラック、ネイビーの全4色展開。なかでも一点投入するだけでマンネリコーディネートが打破できる、このグリーンがイチ推し。


Clarks Originals exclusive for SHIPS|WALLABEE HAIRY SUEDE

クラークス オリジナルズ_シップス_ワラビー

シューズ¥26,400/クラークス オリジナルズ エクスクルーシブ フォー シップス(シップス 渋谷店)

毛足の長いスエードをワントーンで今っぽく

今やマストハブなスタンダードアイテムとなったワラビー。GORE-TEX仕様などは完売続きという人気ぶり。シップスでは毛足の長いヘアリースエード素材のエクスクルーシブモデルをラインナップ。履き口にはヌバックをあしらって、コントラストをつけた。シューレースやラバーソールサイドまでワントーンというのがポイント。



ネイビースラックスにあえてネイビー、のようなボトムスワントーンの着こなしが今年は気分。トラッド派にはネイビー、ミリタリー・ワーク好きには色違いのカーキがおすすめ。


Champion × SHIPS|REVERSE WEAVE(R) 2TONE SWEAT

チャンピオン_シップス_スウェット

スウェット¥12,650/チャンピオン × シップス(シップス 渋谷店)

大人の定番スウェットを2トーンで鮮度UP

配色やクレイジーパターンがトレンドの今季。シップスで定例のチャンピオン別注にも配色モデルをラインナップ! 90’sのリバースウィーブスウェットをベースにネイビー×グレー、ホワイト×ブラックなどコントラストの強いタイプもラインアップしているが、写真のグレー×生成りぐらいが着回し幅も広く、大人向きだ。



配色だけでなくシルエットも首回りを詰めたり、ワイドな身幅をキープしつつ着丈をほどよく短めに、アームホールもモダンなサイズ感にとモディファイしている。旬のアメカジからワンマイルまで、迷ったらコレ的な頼れる一着。


Barbour × SHIPS|4oz WAX GAMEFAIR

バブアー_シップス_ゲームフェア

ジャケット¥64,900/バブアー×シップス(シップス 渋谷店)

クラシックなGAMEFAIRをライトオンスで別注

毎シーズン、いくつかのバブアーを別注展開するシップス。中でも出色なのは、クラシックなミドル丈の「GAMEFAIR(ゲームフェア)」だ。1960年代から1990年代後半まで生産された、バブアーの中でも初期に分類されるモデル。バブアーのオイルドコットンは通常6オンスだが、ライトに着られるように4オンスでオーダーした。バブアー本来のゆったりとしたシルエットはそのまま、ファスナーをスライダーだけゴールドで本体はシルバーに。古着でメッキが褪せたディテールを忠実に再現した。



乗馬の鑑賞用に使われていたアウターだが、ポケットの仕様が機能的でかつ、数も多い。英国調チェックのスラックスでどっぷりブリティッシュに振るもよし、ジーンズ&ブーツにラフに羽織るもよし。オイルドクロスだから、経年変化も楽しめる。


Lo spago|COMBINATION LOAFER

ロスパーゴ_シップス_ローファー

シューズ¥47,300/ロスパーゴ(シップス 渋谷店)

クラシックな演出にぴったりのコンビローファー

さまざまなローファーを扱うシップスながら、今季展開するカラーコンビはこのロスバーゴだけ。しかもクラシックな印象が強まるスエード素材を使用して、今季シップスが提案するブリティッシュスタイルにマッチする一足に。スラックスからジーンズまで、足元に合わせるだけで気負わず英国調が演出できる。



ロスパーゴはシップスがプロデュースするエクスクルーシブなシューズブランド。日本人の足形に合わせた木型を使い、耐久性を追求してグッドイヤー・ボロネーゼ製法でつくられている。通常のグッドイヤー製法よりも返りがよく、履きやすいのが魅力だ。ワンランク上のスタンダード感がうれしい。



シップス 渋谷店 TEL:03-3496-0481

Photos:Naoki Seo
Stylist:Takumi Urisaka
Composition & Text:Hisami Kotakemori