サステナビリティを意識して改良

アウトドアブランドのバックパックは、自然の中で活躍してくれるだけでなく、タウンユースでも実力を発揮してくれる頼り甲斐のあるアイテムだ。中でも、革新的なアイデアを盛り込んだアークテリクスのバックパックは高い支持を受けている。そんなアークテリクスが、2010年の登場以来、人気を博してきたマンティスシリーズのバックパックとウエストパックを刷新した。



タウンユースと低山でのアウトドアアクティビティを念頭に開発された抜群の機能性が魅力のマンティスシリーズだが、今回のアップデートでは、よりサステナビリティを意識して改良が加えられている。表地はすべてリサイクルポリエステル素材に変更。環境に負荷を与える恐れのあるPFCを排除した「FC0 DWR」の撥水加工をほどこしており、多少の水濡れは気にせず使うことが可能だ。内側の素材には、消費電力、CO2排出量、水の使用量などを大幅に削減するドープダイという染色方法を採用し、環境負荷の軽減にも寄与している。



人気モデルの「MANTIS 26 BACKPACK」では、機能面もアップデートされている。サイドポケットはドローコードで調節可能になり、背面パッドは縦の凹凸を入れて通気性を高めている。メインコンパートメントには、ドローコード付きのハイドレーションポケットやキークリップが追加され、使い勝手も向上している。



他にも、バックパックに16Lのサイズが加わり、リデザインされた2型のウエストパックがラインナップされるなど選択肢も豊富。8月下旬より順次発売される。自然環境を大切にしたい良識ある大人なら手に入れるべし。



photo
photo
photo
prevnext

MANTIS 26 BACKPACK
¥20,900


photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

MANTIS 16 BACKPACK
¥16,500


photo
photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

MANTIS 1 WAIST PACK
¥5,500


photo
photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

MANTIS 2 WAIST PACK
¥6,600





アークテリクス カスタマーサポートセンター/アメア スポーツ ジャパン
https://arcteryx.jp


Text:Tetsu Takasuka