今買って秋冬まで使えるセットアップは、新生「ナノ・ユニバース」にお任せ!


商品テイスト毎にカテゴリー分けした“マルチレーベルストア”として前春夏に舵を切った「NANO universe(ナノ・ユニバース)」から、待望の2022年秋冬商品がリリース。続々と店頭とオンラインに入荷中だ。


スタイリスト片貝俊:「私にもお任せあれ」


期待の新アイテムを最速チェックすべく、モデルの髙橋義明(右)とスタイリストの片貝俊(左)がプレスルームを訪れて試着ルポ。片貝俊のスタイリングで、大人男子向けの注目アイテムを厳選して紹介する。





LB.01 ステイトメント


素材と縫製にこだわったドレスレーベル




マルチレーベルストアとして生まれ変わった「ナノ・ユニバース」が展開する6つのレーベルのうち、メンズファッションの三本柱は以下のとおり。


LB.01 ステイトメント:高品質な素材と縫製にこだわったドレスレーベル


LB.02 ビブリオグラフィー:ワークやヴィンテージテイストのカジュアルレーベル


LB.03 セクション:デイリーに使いやすいトレンドを提案するセカンドレーベル


余暇に限りのある大人にとって、狙いを外さずに回遊しやすいストア設計は嬉しい限り。まずは、「LB.01 ステイトメント」からチェックする。



【LB.01】カーフスエードレザーブルゾン ¥154,000



たまの休日に袖を通したくなるキャメルカラーのレザーブルゾンがイチ推し。イタリア産の良質なカーフスエードを使用し、秋の入り口からヘビロテ必至のライトウェイト。最高峰のドレスレーベル、「LB.01 ステイトメント」らしいラグジュアリーテイストだ。


ST片貝:「新しく生まれ変わったとはいえ、伝統的にナノ・ユニバースではレザーブルゾンに定評がある印象です。ミニマルデザインだからこそ素材の良さとパーツの質が際立つ、その好例です」





LB.02 ビブリオグラフィー


ヴィンテージテイストのカジュアルレーベル




続いて2人が訪れたレーベルは、マニアも唸るこだわりのディテールと圧巻の製品加工で既にファンも根付いているというワーク&ヴィンテージカジュアルの「LB.02 ビブリオグラフィー」。古着ファッションを経た大人男子は、必ずやお気に入りが見つかる。


ST片貝:「ぶっちゃけ、『そこまでやるの!?』な気付きがあるビブリオグラフィー。何事も疎かにするなよと。仕事人としてリスペクトの眼差しです」


自身も業界随一のこだわりにあふれたスタイリストである片貝。注目アイテムはどれ?





photo
photo
photo
photo
prevnext


【LB.02】ガーメントダイロングスリーブシャツ ¥19,800



個性強めのアイテムが並ぶなか、トレンド色のグリーンを選ぶバランス感覚が片貝らしい。


今秋冬ならではの「ガーメントダイロングスリーブシャツ」は、ワッシャー加工の微細なシワと、古着でよく見る低い位置のタック入りバックヨークが特徴的。高密度に織り上げたコットン92%・シルク8%の混紡素材に、風合い豊かな製品染めを施した。


ST片貝:「ステイトメントもビブリオグラフィーも確かに良作揃い。もっともっと、大人男子が使える、着回せるアイテムを掘り出してみたい」





LB.03 セクション


旬のトレンドを提案するセカンドレーベル




答えは、大人向けのトレンドを提案するセカンドレーベル「LB.03 セクション」にあった。


ST片貝:「デイリーユース・着回し重視・リーズナブルの三拍子が揃ったセクションの新作から、私が選んだセットアップで髙橋くんを気合で全身コーディネートしてみようかと。バッチコイ!」


スタイリングは2セットだ。


髙橋義明:「片貝さん、お願いします!」



セットアップ1体め。セカンドレーベルの「LB.03 セクション」から、カジュアルの王道であるデニムジャケットをキーアイテムに選ぶ片貝。


ST片貝:「ですが、いわゆる普通のジージャンとデニムにはならないという。一筋縄ではいかないところが新生『ナノ・ユニバース』のガチ度です。もはや、中の人と私との誇りを賭けた闘いになってきました」





セットアップ①:80年代テイストのデニム上下



【LB.03】ハチマルデニムブルゾン ¥18,700
【LB.03】ハチマルデニム バギー5P ¥13,200
【LB.03】ワッフルボーダークルーネックTシャツ ¥6,600



スタイリスト・片貝俊が手掛けたセットアップコーディネートの1体目がこちらの3商品。


片貝の指摘通り、オーセンティックなジージャンとは趣きが異なる80年代テイストのケミカルウオッシュ。パンツもバギーシルエットだ。両アイテムのブリッジに定番的なボーダーTシャツを組んだ。


ST片貝:「ラックに吊るしだと、『ちょっと妙なデザインだな』と思うだけなんですね」





photo
photo
photo
photo
prevnext


ST片貝:「シルエットも含めてデザインです。着てみないと、スタイリングしてみないと、洋服の本当の良さはわかりません。エンジョイしましょう」


独特のケミカル具合が異彩を放つデニム生地は、実は既成品ではない。なんと、80年代に市場に出回っていたヴィンテージデニムを引き取ってリプロダクトしたデニム生地が使用されている。ブルーとグレーの2色展開だが、その色味も当時のままなのだ。


丸みを帯びたシルエットでリラックスした着心地。モデルの髙橋からも笑みがこぼれる。



ヴィンテージ然とした面持ちのデニムブルゾンだが、約40年前のデニム生地をリプロダクトしているだけで、程よいオーバーサイズやポケットと首周りのディテールなどは「ナノ・ユニバース」が現代流にアレンジしたもの。セパレートしても汎用性は高く、手持ちのワードローブと柔軟に合わせられそうだ。


ST片貝:「今の時代にこの雰囲気のデニムブルゾンは1着欲しいところ。ですが、ヴィンテージ市場で探そうとすると、縫製が悪かったり素材が硬すぎたり重すぎたりデザインの主張が激しすぎたりして使えない。深堀りする時間も大人にはありません」


片貝からのリアルな指摘。古着のデニム生地をリプロダクトするという画期的な試み、「ナノ・ユニバース」の“発明品”を手に入れたい。



ST片貝:「ジャケットもマストバイでしょう」


2体めのキーアイテムとなる「SQUALL PROOF撥水ポイントアディションジャケット」を手にした片貝。ナイロン素材の撥水仕上げ。リラックス感にあふれたフォルムも旬の空気感を醸し出す。





photo
photo
photo
prevnext


スナップボタン、ラグランスリーブ、ファスナー付きサイドポケットなど、一般的なテーラードとは異なるディテールにも注目だ。モカとブラックの2色展開。


ST片貝:「個人的にはノスタルジックなモカも好み。ですが、絶対に失敗しないブラックで、軽く意識高いスタイリングを効かせてみるのもアリかなと」





セットアップ②:ブラックのイージースーツ



【LB.03】SQUALL PROOF撥水ポイントアディションジャケット ¥14,300
【LB.03】SQUALL PROOF撥水ポイントアディションパンツ ¥9,900
【LB.03】THOMAS MASON バンドカラーシャツ ¥17,600



スタイリスト・片貝俊が手掛けたセットアップコーディネートの2体目がこちらの3商品。撥水仕様のジャケットと同素材のパンツのスーツスタイルで、インナーに上品なストライプシャツを組んだ。


なんと、スーツ価格で24,200円(税込)!



インナーにチョイスしたアイテムは、英国の老舗生地メーカー「THOMAS MASON(トーマス メイソン)」のシャツ地を採用したバンドカラーシャツ。縫製はドレスシャツ工場で仕上げられている。


ST片貝:「白Tで合わせると物足りないし、フーディーを差し込むとスポーティすぎる。ここは、1796年創業のロイヤルワラント(英国王室御用達)、『トーマス メイソン』でコーディネートのバランスを取りましょう。ノーカラーなので見た目もスッキリ」





photo
photo
photo
photo
prevnext


ドレスシャツではあるが、レーベルは「「LB.01 ステイトメント」ではなく「LB.03 セクション」の範疇。「トーマス メイソン」生地のバンドカラーシャツは、すでに店頭でも人気商品になっている。高密度で織り上げたシャツ地に、高級感のあるシェルボタンを絡めたオーセンティックな雰囲気も大人好みだ。


ST片貝:「Lサイズで63.5cmの身幅があるボリューミーなシャツです。1つボタンのジャケットと合わせるならば、ラフにタックアウトがよいでしょう」



パンツの寄りカット。ツータックのテーパードでフロントはスナップボタン。ドローストリング付きのイージーパンツ仕様でベルトレスでも着用可能だ。


ジャージーブルゾンや正統派の着こなしの外しとして使うなど、単品でのコーディネートも自由自在。スポーティな撥水素材とクラシックなスラックスデザインが織り成す絶妙な均衡点を狙ったパンツだ。





photo
photo
prevnext


2体めのセットアップが完成。


ボックスシルエットのノーベントジャケットの着丈と、タックアウトしたシャツの裾が程よくマッチ。同一ブランドで統一した全身コーディネートの成せるワザだ。ちなみに合わせたシューズは1体めの色違い。ラバーソールで遊びゴコロをプラスした。



吟味に吟味を重ねた試着ルポのラストカット前。前春夏から拡散されている「ナノ・ユニバース」の新ロゴのデザインについて考察する2人が居た。


ST片貝:「こちらのロゴが新生の」


髙橋:「解説をお願いします」


新ロゴのデザインは、1ナノメートルが10のマイナス9乗メートルであることから「10」「9」「-」「M」を組み合わせたもの。創業以来のフィロソフィーである「NANO(極小)・universe(宇宙)」は不変だ。


ST片貝:「まさに、小宇宙を、コスモを燃やせ。ロゴやシンボルの類はたとえ建前であっても大人にとっては非常に重要。不安が渦巻く暗闇の中で、たいまつのように進むべき道を照らしてくれるから」



2022年秋冬、大人男子の正解。


己のファッションセンスに“極小の宇宙”の萌芽を見たならば、「ナノ・ユニバース」の使えるセットアップにお任せ。秋冬のロケットスタートを切ろう!








Twitter&Instagram 連動プレゼント企画


抽選で①か②のコーディネート3商品が貰える!




最後にプレゼントキャンペーンの告知。なんと、本稿で組んだコーディネート(セットアップ+インナー=3商品)のいずれかが抽選で貰える。これは必見。




photo
photo
prevnext


(左)ナノ・ユニバース ルミネ横浜店
(右)ナノ・ユニバース ルミネ新宿店



今秋冬の「ナノ・ユニバース」は店舗リニューアルが目白押し。直近では、「ナノ・ユニバース ルミネ横浜店」が9月1日(木)に3階にフロア移動してリニューアル。「ナノ・ユニバース ルミネ新宿店」も9月2日(金)にリニューアルオープンを迎える。この両店舗で、SNS連動のプレゼントキャンペーンがスタート。


応募方法の詳細は下掲。


両店舗には、本稿で紹介した片貝提案のコーディネート2体がディスプレイされている。その模様を撮影し、規定ハッシュタグとともに希望の1体をテキストで明示してSNS投稿すると応募が完了。フォロワー数の多寡は当選には無関係なので安心して欲しい。



髙橋義明と並んでデニムブルゾンを着こなした片貝俊。応募投稿のSNSに書かれるであろう、大人男子のリアルな声を全身で受け止める所存だ。


ST片貝:「私のスタイリングがそのままプレゼントされるとは、なんて太っ腹な『ナノ・ユニバース』。このツーショットを見る限り、髙橋くんと私との人気投票バトルになってしまわぬよう祈るばかりです」



問い合わせ先:ナノ・ユニバース カスタマーサービス
TEL:0120-705-088

▼ナノ・ユニバース ルミネ横浜店
住所:神奈川県西区高島2-16-1 ルミネ横浜店 3F
TEL:045-440-6031
営業時間:[月~金]11:00~21:00・[土日祝]11:00~20:30
※リニューアル:2022年9月1日(木)(3階にフロア移動)

▼ナノ・ユニバース ルミネ新宿店
東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿 2・3F
TEL:03-5339-3885
営業時間:11:00~20:00
※リニューアル:2022年9月2日(金)

 ナノ・ユニバース カタログ
NANO universe プレゼントキャンペーン

▼Twitter で応募:
①ナノ・ユニバース 公式アカウントをフォロー
②ルミネ横浜店もしくはルミネ新宿店のナノ・ユニバースに来店し、本稿に該当する店内ディスプレイを撮影
③3つのハッシュタグ(#NANOuniverse #ナノユニバース #ナノユニバースキャンペーン)を書き込む
④どちらか希望のコーディネートをテキストで明示
⑤画像添付投稿で応募完了

▼Instagram で応募:
①ナノ・ユニバース 公式アカウントをフォロー
②ルミネ横浜店もしくはルミネ新宿店のナノ・ユニバースに来店し、本稿に該当する店内ディスプレイを撮影
③3つのハッシュタグ(#NANOuniverse #ナノユニバース #ナノユニバースキャンペーン)を書き込む
④どちらか希望のコーディネートをテキストで明示
※⑤公式アカウントを@メンションで加える
⑥画像添付投稿で応募完了

※投稿締切は9月19日(金・祝)
※当選者には9月19日以降にDM連絡致します

Model: Yoshiaki Takahashi
Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh